願書

慶應中等部、慶應湘南の願書の販売が始まっています。

慶應普通部は、9月22日からの販売になっていますが、各校を始め、三田、日吉の警備室で販売が始まっています。日吉の警備室は24時間といわれて、思わずびっくりしてしまいましたが。

さて、出願は1月ですが、願書は早めに求めてどういう準備をするのかを調べておきましょう。

慶應進学オンラインでは、今月から湘南の志願書や活動報告書についてお話をしていますが、湘南、中等部とも二次試験があります。一次試験の合格者に対して面接と体育実技を課す試験ですが、この面接の基になる資料が願書や活動報告書になります。特に湘南は書くことが多いので、まずは願書を手に入れて何を書くのかを家族で相談された方が良いでしょう。

模擬試験や文化祭、説明会などイベントごとが多く忙しい秋ですが、出願の準備も怠りのないように、早めに準備を始めてください。

==============================================================
今日の田中貴.com

第49回 下りに乗って行ける学校
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

速さの問題を解くときの工夫
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應湘南 中学募集要項

慶應湘南藤沢中等部の2013年度の募集要項が発表されました。

中等部 生徒募集要項

【募集人員】
第一学年 男女 160名(慶應義塾内進学者を含む)
 一般入試   :男女 約120名
 帰国生入試  :男女 約 30名

【出願資格】
  1. 2000年4月2日から2001年4月1日までに生まれた者。
  2. 湘南藤沢中等部に入学後、父、母または親権者のもとから通学できる者。

【出願期間】
  ・2013年1月11日(金)~1月16日(水)郵送必着
  ※簡易書留による郵送受付のみ。

【1次試験】
  ・2月2日(土) 8:50集合  
   試験時間割
     国語(45分)  9:15-10:00
     社会(25分) 10:30-10:55
     理科(25分) 11:05-11:30
     算数(45分) 12:00-12:45

   活動報告書による英語参考テスト(希望者のみ)は14:00から14:40まで。

   (試験会場)慶應義塾湘南藤沢中等部(藤沢)

【1次合格発表】
  ・2月4日(月)
   掲示発表(11:00-15:00)
   慶應義塾湘南藤沢中等部(藤沢)

【2次試験(1次試験合格者のみ受験)】
  ・2次試験(面接・体育)は2月5日(火)男子・2月6日(水)女子です。
   (試験会場)慶應義塾湘南藤沢中等部(藤沢)

【合格発表】
  ・2月7日(木)
   掲示発表(13:00-17:00)
   慶應義塾湘南藤沢中等部(藤沢)

【入学手続】
  ・2月7日(木)13:00-15:00・2月8日(金)10:00-15:00の両日
   慶應義塾湘南藤沢中等部(藤沢)

今年も二次の発表が17時までです。この間に、書類を受け取らなければいけませんが、慶應中等部の二次試験と重複しますので、注意してください。

==============================================================
今日の田中貴.com

難しい問題は解説を写してみる
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

プリントの復習
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應湘南社会入試傾向

 試験時間25分。50点満点。
大問5題~6題。1つの大問に小問が6問から7問程度。したがって合計すると40問近くになります。選択式がほとんどですがが、1問1点程度と考えると、25分の試験時間としては社会も理科同様、かなり忙しいといえます。
出題範囲として地理大問2問、歴史大問2問、公民1問、現代社会・時事問題1問というような配分になっています。
2012年は1 地理 2 現代社会 3 歴史 4 歴史 5 歴史 6 公民と歴史の総合問題 7 現代社会
となって、歴史が比較的多く出題されました。ただ5は江戸時代の文化で小問の数も少なかったので、おおむね例年の配分になっています。

知識レベルは標準的といえる範囲であって、特に細かさはありませえん。慶應の他2校と同様に地図の出題は比較的多く、また統計資料に関する問題も良く出題されるので、最近の統計には目を通しておいた方が良いでしょう。特に今の日本がどうなっているのか、という点について問題意識を持っていた方が良いと思います。
時事問題は出題されることが多く、特に世界との関係についての出題は近年増加傾向にあります。

 答えるべき解答は、多彩ですが、単問や記号の解答が多く、記述はあまり多くありません。

 理科同様、知識はあまり細かくはないので、基本的な知識をまず正確に覚えていきましょう。暗記のテキストをしっかり決めて、それを完璧に覚えるという作業を6年後半も続けていくことが大切です。地図と統計については類似問題を他校の過去問から選んで練習しいきましょう。また時事問題は頻出しているので、ニュースや新聞にも注意しておきたいところです。

慶應進学オンライン
 ==============================================================
今日の田中貴.com

社会の入試問題の変化
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

小学校6年生だから
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應湘南理科入試傾向

試験時間25分 満点50点ですが、例年大問4題程度。小問にすると20問ぐらいなので、1問1分程度で答えていかなければならず、やはり忙しいテストということがいえるでしょう。

頻出する範囲としては植物、水溶液、水の3態、天体など全体として生物、地学、化学、物理からそれぞれ1題というイメージで出題されています。

平成24年は、
1 化学 2 化学 3 地学 4 生物 5 物理
と5題出題されましたが、2は小問に近いので、だいたい4つのテーマが均等に配置されているといって良いでしょう。

実験や観察の考察をする問題が多く、そこから読み取れることを知識を使いながら答える、という形式の問題になっています。特に基本的な原理を自分の文章で説明するなど、記述の問題も含まれていますので、相当テンポよく解いていかないと間に合いません。実験道具に対する知識は必要です。全体として問題内容は平易ですが、生物や地学はそれなりに細かい知識も必要ですから、しっかり整理しておく必要があります。ただ出てくる生物は、聞いたことがあるものばかりです。

実験問題では、説明の文章が比較的長く、また複雑な場合もあります。したがって落ち着いて条件などを読み落とさないよう、注意してください。

過去問をしっかり練習するほか、普通部、中等部の問題もやっておくと良いでしょう。似たような問題が出題されていることがあります。

慶應進学オンライン

 ==============================================================
今日の田中貴.com

第47回 受験する学校を考える
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

苦手を家で克服する
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應湘南国語入試傾向

試験時間は45分。100点満点です。

1問目が知識。漢字の書き取り。2問目以降長文の読解。大問2題程度。例年2問目に物語文。3問目が説明文。そして最後に100字作文という構成になっています。

長文の読解はそれぞれ小問が10問程度。これに作文が加わるのでスピードが求められています。読解の問題は選択肢の問題が多いが、一部、記述の問題も含まれます。

最後の100字作文はいろいろと工夫がみられ、詩を読んだ後にイメージを書かせたり、デザインをつくらせた後でその説明をさせたりと多彩。

レポートの多い学校ではあるので、やはり文章を書くということに対して積極的な姿勢を持つ子を取りたいという出題の意図があるように思えます。過去問を仕上げた後は、男子上位校の長文読解の問題にも取り組んでみると良いでしょう。

漢字の出題についてはそれほど難しいことはありません。1問目の知識では熟語に関する問題が増えていて、単に漢字の書き取りをするというよりは、語彙の広さを求めている印象があります。

記述は練習が必要で、特に100字作文については対策をしておいた方が良いでしょう。どういうことが求められるか定型化してない分、興味を持って取り組む必要があります。例えば今年の問題でいえば、4本脚の物体の写真を見せてどういう動きをするかを説明させていました。子どものいろいろな表現力に目を向けようとしているので、楽しんで書く、という気持ちは必要でしょう。

読解に関しては選択問題が多いため、比較的点数はまとまりやすいと思いますが、それでも紛らわしい選択肢も少なくありません。本文中に根拠を見つけながら、正確に答えにたどりつく練習をしておきましょう。

 ==============================================================
今日の田中貴.com

セレクション
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

図が描けない子
==============================================================

慶應進学オンライン

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)