投稿者「tanaka-admin」のアーカイブ

平面図形の問題

2023年慶應普通部の出題です。

下の図は四角形ABHG、BCDH、DEFHは長方形で、三角形FGHは直角三角形です。AD=BEのとき、( あ )の角度を求めなさい。

【解説と解答】

長方形ACDGについてADと同じ対角線をCGし、長方形BCEFについて対角線BEと同じ対角線をCFとします。
CG=CFから三角形CGFは二等辺三角形になり、角DFHが49°、角BFCが16°になるので、角CGFも65°だから、角CGDは65-41=24°
角GDAも24°だから(あ)は16+24+90=130
(答え)130°

慶應中等部出願数

慶應中等部の出願数が公表されました。

2023年は 男子856名、   女子448名
男子の出願数がおよそ15%減少していますが、これは定員減の影響が出ているものと推察されます。ただ倍率は男子が昨年7.2倍、今年が7.1倍ということなので、ほとんど変わっていません。
ですから、僅差の勝負は今年も続きます。
普通部の発表が中等部の1次前なので、受験者も若干は減少すると思いますが、難度的にはあまり変わりなし、と考えて、受験に臨んでください。

年度 男子 女子
2023年 856名 448名
2022年 1012名 475名
2021年 1026名 496名
2020年 956名 458名
2019年 991名 511名
2018年 1016名 492名
2017年 851名 420名
2016年 912名 397名
2015年 821名 404名
2014年 784名 366名

2024年度 新年度学習相談会のお知らせ

慶應進学館では、2024年の新5/6年生を対象にした学習相談会を以下の要領で実施します。

テレビ会議システムを使い、専任の講師がお子さんの状況を伺いながら、慶應受験に対する学習のやり方を詳しくご説明します。
現在、どの塾で受講されていてもかまいません。慶應義塾普通部、慶應義塾湘南藤沢中等部、慶應義塾中等部の3校に進学を希望される新5/6年生の保護者の方にご参加いただけます。
人数に限りがございますので、早めにお申込ください。

慶應進学館 2024年受験生 新年度学習相談会

【期日】2月6日(月)から2月27日(月) 月曜日〜土曜日 13時〜19時まで
【学習相談方法】テレビ会議ZOOMを使い、専任の講師がお答えします。
【予約方法】以下のフォームから、ご希望の日時を複数お知らせください。予約が取れ次第、メールでご連絡差し上げます。
【相談時間】お一人様 約30分程度
【費用】無料



    慶應湘南出願数

    慶應湘南の出願数が公表されました。

    今年は全体としてかなり減った印象があります。やはり定員の狭さと大事な2日ということを考えると熱望組のみの受験となっているでしょう。
    100名の募集に対して588名の応募ですから、倍率としては高いですが、例年に比べるとかなり応募が減ってきているでしょう。
    尚表は定員が減少した2019年度からの経緯を示しています。

    慶應湘南

    年度 一般男子 一般女子 帰国男子 帰国女子 男子合計 女子合計
    2023年 179名 275名 76名 58名 255名 333名
    2022年 240名 304名 96名 95名 336名 399名
    2021年 231名 290名 110名 74名 341名 364名
    2020年 260名 286名 94名 91名 354名 377名
    2019年 231名 210名 110名 88名 341名 298名