2023年度 慶應進学館 入会案内のお知らせ

2023年度 慶應進学館 入会案内ができあがりましたので、お知らせします。

平成23年度の新学期は2023年2月13日月曜日からになります。

本年度の募集学年は新5年生と新6年生の2学年です。
新5年生の2月から6年生の1学期までをかけて、基準のカリキュラムを学習し、6年生の夏休みから本格的な学校別対策授業に入ります。
詳しくは以下のリンクからご覧ください。

2023年度 慶應進学館 入会案内

カテゴリー: お知らせ | 2023年度 慶應進学館 入会案内のお知らせ はコメントを受け付けていません

慶應進学館メールマガジンにご登録ください。

メールマガジンにご登録ください。
慶應普通部、慶應湘南藤沢中等部とも2022年からWEB出願になりました。
受験後半、慶應進学館での情報は主にメールマガジンにて配信しておりますので、ぜひご登録ください。
https://keiosg.com/magazine

カテゴリー: お知らせ | 慶應進学館メールマガジンにご登録ください。 はコメントを受け付けていません

完全オンライン化のメリット

完全オンライン化するというのは、やはりコロナ禍が理由と思われがちですが、しかし、慶應進学館はコロナ以前から完全オンライン化を目指していました。

以前教室を開いていた時は、その教室に通うためにまたとてつもないエネルギーを生徒がかけていたのです。

週1回の通塾にしても片道1時間かけてくる、というのは往復2時間のロスがある。

新幹線で通ってきた子どももいましたから、これは何とか方法を考えないと子どもたちの負担が減らない、と思っていました。

そこで最初に開発されたのが慶應進学オンラインで、慶應3校の入試問題の類題やテーマ別の学習ができるようにしていたのですが、まだすべてのカリキュラムを教え切れていない状態で、むしろ直前期の勉強に特化した内容でした。

しかし、フリーダムオンラインを開発することで、その問題は解決し、それまでの内容を慶應特別ゼミとしてシステム化できたので、完全オンライン化が実現したのです。

特にコロナ禍では、安心して勉強が進められましたし、特に直前期は感染のリスクを避けるという意味でオンラインはやはり効果があります。

慶應を目指す子どもたちは首都圏ばかりでなく、地方にも海外にもいます。

慶應志望の生徒のみなさんに、何とか効率よく学校別対策をしてもらう、ということが完全オンライン化の目標なので、これからもいろいろな授業を盛り込みながら指導を進めていきたいと思います。

カテゴリー: 中学受験について, 慶應進学館について | コメントする

慶應湘南の算数、前半と後半の狙いの違い

例年、湘南の算数は5番と6番が前半に比べると難しいとされています。

湘南の場合、帰国も一般と同じ問題を解くので、やさしい問題から難しい問題まである程度網羅するような問題づくりがされます。したがって後半5番、6番は難しい。

基本的なことはしっかりできていないといけないが、帰国生の場合それに加えて英語というアドバンテージがあるわけですが、一般生の場合はそれがない。

だから、むしろ算数でアドバンテージを見せてもらいたい、というところがこの問題構成の狙いだと思われるのです。

とはいえ、すべてが難しいわけではないので、(1)と(2)は確実の得点する、などの工夫は必要です。

来年もある程度難しい問題が出ることを想定しておいた方が良いが、特に注意しなければいけないのは、「やさしいな」と感じたとき。

これはちょっとしたミスが得点の差に大きくつながります。難しい問題のときは、実はあまり差が付かないが、やさしい問題のときは案外差がつきやすいものなのです。

なので、これから入試まで油断なく、ミスをなるべくなくして、取れるところは確実に得点する、というスタイルを貫いてください。

カテゴリー: 中学受験について, 湘南藤沢中等部 | コメントする

総合的な合否判断

一般的に中学入試は入試の成績だけで順位をつけて合否を判定します。

しかし、慶應は3校とも「総合的な合否判断」をすることになっています。

総合的な合否判断とはなにか、もちろん入学試験の成績が大事ですが、それだけではない。

書類の内容、調査書、面接、体育実技、そういうことをトータルに考えて最終的に合否を決める。

中等部と湘南は一次試験の合格者に二次試験を課しますが、普通部は全員に二次試験を課しているのです。

だから総合的な合否判断ということに変わりはない。

なので、ひとつひとつのステップを大事にしていきましょう。

志願書、活動報告書もしっかり準備することが大切です。

カテゴリー: 中学受験 | コメントする

差はどこで出やすいか

例えば中等部の場合、算数は20問で100点満点です。

したがって1問は5点。

ところが理科と社会は概ね40問近く小問があるので、1問1点とか2点になりやすい。

そうすると算数の1問の差を他の教科で取り返す、ということはなかなか厳しくなってくるのです。

ですから、算数の力が問われるところがある。

これが普通部になると、各科目100点ですから、教科のバランスで決まるところがありますから、そこまで算数の影響が大きいわけではない。

それぞれの学校で配点と教科の特徴が違いますから、その特徴に合わせた対策をとっていくことが必要です。

カテゴリー: 中学受験 | コメントする

正確さが問われる

応用力とか、読解力とか、合格にはいろいろな力が必要ですが、やはり慶應の入試に関して言えば正確さ、ということが最も重要なキーワードだと思います。

問題自体は全体を通してさほど難しい、ということはあまりない。ただ、ある程度の分量があり、確実に得点を積み重ねていく必要があるので、時間内に正確に解き上げる、ということが何よりもまず大事なことのように思えるのです。

で、これまでいろいろミスをしてきたことをどう修正するか、がこれからの大事な対策になります。

問題の読み違い、計算間違い、勘違い、覚え違い。

まあ、ミスは別にやりたいと思ってやっているわけではないものの、出した答えの10%ぐらいはミスがでてくるものです。

それをどうやって防ぐのか?ここからはそれを第一に考えて練習してください。

たくさんやらなくてもいい、難しいものをやらなくてもいい。ただ正確に解き上げる、これが最も必要な力です。

カテゴリー: 中学受験 | コメントする