経済学部が新プログラムPEARLを創設

慶應義塾大学経済学部が、秋季入学ですべての授業を英語で行うPEARLを2016年9月からスタートさせると発表しました。

9月入学で、5年間で学士と修士の双方を取得することができ、海外から教授陣を招く他、インターネットを用いた双方向授業を活用するそうです。

しかも、すべての授業が英語。つまりは日本人だけを対象にしない、と明言したようなものです。

実際に募集要項を見ると、日本人、外国人双方から広く募集するとあり、入学試験は筆記試験はなく、諸学校からも進学できますが、すべての授業が英語でるので、TOEFLなどのスコアを提出させるそうです。

今後、大学本体としては日本人ばかりでなく外国人にも門戸を開く、という趣旨。

慶應義塾大学発表資料

海外から学生を募集するということは、海外の大学との競争に突入するということですので、学部の国際的な評価がこれから下されることになりそうです。

=============================================================
今日の田中貴.com

第131回 進学校と大学受験
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

答えを写す
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


新1年生

今日、あちらこちらで私立の真新しい制服を着た新1年生の姿を見かけました。

この時期の新1年生というのは、すぐわかる。

かばんが、きれいだ。靴がピカピカである。制服の方がやや大きい。

身体が大きくたって、新2年生と間違うことはありません。しかし、これが半年もすると男の子の靴はどろどろになり、あるいはかかとが擦り減り、かばんも汚れてしまう。だいたい男の子は、新しい制服を本当に短期間でぼろぼろにしてしまう名人である、といっても過言ではない。

小学校の時と同じ動きを制服ですれば、当然、革靴は痛む。毎日同じ制服を着るのだから、当然、いろいろなところに汚れがたまり、それでも中庭で制服のままサッカーをしたり、野球をしたりするから、当然刷り切れるわけであり、まあ、それが当たり前なのです。

しかも、多少大きい制服を買ったにしても、やはり予想に反して大きくなるから、結局中学のうちに買い直すということもあり得るわけです。

でも、そういう風に見分けがつかなくなるうちに、子どもたちはしっかり学校生活に馴染んでいくわけで、したがって制服がいかに汚れようとも、お母さんは怒ってはいけません。

=============================================================
今日の田中貴.com

図形の移動に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

学習計画を練り直す
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


卒業式

昨日は、慶應義塾大学の卒業式でした。

天気も良かったので、日吉の町はごった返しておりましたが、もうここ十数年、慶應の卒業式は保護者が別会場で動画中継を見ることになっています。

慶應義塾大学の卒業式は、大学すべての学部が同日に行われるので、学部が増えた今日、日吉の記念講堂に入る人数はギリギリ。保護者が入るすきはないわけですが、大学の卒業式に保護者が出席したいと思う気持ちもあるから、そこで慶應義塾としては他会場を用意して動画中継をすることになった。

卒業式のパブリックビューイングですね。

まあ、一応、これで保護者の来場が減るかなあ、と思いきや、そうでもないらしいです。もう最初から保護者は別会場と決まっていても、まあ、出席される方は多い。

実は保護者にとっても子育ての卒業式である、ということだからなんですが。

=============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

本当に効率が良いのだろうか。
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


学部の選択

慶應の各高校には学部の割り当て人数があります。したがって、その人数にしたがって各高校が推薦をするわけですが、その推薦は3年間の成績と高3の最後の試験の結果で決まります。

例えばある子の第一志望が医学部、第二志望が理工学部、第三志望が経済学部であったとします。まず成績で医学部の推薦枠に入れるかどうかを検討する。その上で外れた場合は理工学部が第一志望に変わります。そうすると理工学部が第一志望であった生徒と成績で比較をする。で、その枠内に入ればこの子は理工学部の推薦が決まる仕組みです。第一志望が理工学部であっても、この子よりも成績が悪くて枠に入れければ理工学部には推薦されないことになります。

医学部以外は比較的柔軟に枠を考えることはできますが、それでも全部が全部志望をかなえることはできないので、このような仕組みがとられているわけです。

で、医学部の場合。枠がある程度少ないので、これはその枠に入らないと考えて、他大学の医学部を受験することはできます。

ただし、その場合は慶應の推薦枠から外れます。他大学を受験した段階で合否に関係なく、慶應義塾大学への推薦はありません。だから、多くの場合は他大学の医学部を受験するのは、医学部の推薦を志願し、その枠に外れて例えば第二志望の理工学部に推薦を受け入学した後になることが多いようです。
=============================================================
今日の田中貴.com

第83回 夏期講習のスタイル
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

危ないプラス思考
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================


普通部がtwitterを開始

夏の参院選からインターネットの選挙運動が可能になった、というニュースを聞いたばかりですが、慶應普通部もtwitterを始めたようです。

普通部のホームページをごらんになると、トップページに出てきています。

確かにこういう学校広報の方法は広がっていくでしょう。

そのお知らせによりますと、今年の普通部の説明会は9月21日(土)に行われることが決まったようです。

例年その時期は、労作展ですが、労作展の土日の土曜日に大学の独立館で行われています。まだ詳細はホームページに掲載されていませんが、そのうち詳細が出てくるでしょう。

湘南や中等部も見てみましたが、どうも始めたのはまだ普通部だけのようでした。

=============================================================
今日の田中貴.com

差集め算
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

量は追わない
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================