経済学部が新プログラムPEARLを創設

慶應義塾大学経済学部が、秋季入学ですべての授業を英語で行うPEARLを2016年9月からスタートさせると発表しました。

9月入学で、5年間で学士と修士の双方を取得することができ、海外から教授陣を招く他、インターネットを用いた双方向授業を活用するそうです。

しかも、すべての授業が英語。つまりは日本人だけを対象にしない、と明言したようなものです。

実際に募集要項を見ると、日本人、外国人双方から広く募集するとあり、入学試験は筆記試験はなく、諸学校からも進学できますが、すべての授業が英語でるので、TOEFLなどのスコアを提出させるそうです。

今後、大学本体としては日本人ばかりでなく外国人にも門戸を開く、という趣旨。

慶應義塾大学発表資料

海外から学生を募集するということは、海外の大学との競争に突入するということですので、学部の国際的な評価がこれから下されることになりそうです。

=============================================================
今日の田中貴.com

第131回 進学校と大学受験
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

答えを写す
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 話題 パーマリンク