問題量が多いから、急がない

今年も模擬試験が始まります。

模擬試験というのは、子どもたちの力をある程度しっかり分布させる、という目的があるので普通の入試よりもさらに問題数を増やします。すべての問題ができる、ということをある意味前提とはしていない。

ここは結構勘違いがあるように思うのですが、どんな試験も子どもたちの力を考えてある程度満点が取れるようにしてあるわけではないのです。満点がとれるようにしてしまうと、ある程度上のところで差が見られなくなってしまう。

そこで、できる子と超できる子で差が開くように作るから、普通の子にとっては間に合わない、ということが起こりうるわけです。

で、間に合わない、ということを経験してしまうと、慌ててしまう。そこには「本来ならすべての問題を解き上げることができる」という勘違いが存在している。その勘違いから慌ててさらにミスを増やすことになる子どもたちが多いのです。

問題量が多いからといって慌ててはいけません。急いで解いても行けない。

自分のできる問題を答えられればそれでいい、と考えてむしろていねいに解くことが大事です。やさしい問題を間違えないことが合否の分かれ目になることが多いので、とにかく急がせないようにしてください。

=============================================================
今日の田中貴.com

基礎から応用へ
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

省力化の道筋(2)
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


兄弟姉妹、みんな慶應?

慶應の保護者会で話を聞いていると、兄弟姉妹で入れている家庭があります。

しかし、そのことが実際には子どもたちに多大なプレッシャーを与えている。これはお父さん、お母さんもそうかもしれません。

一族郎党、みんな慶應だから、当然~ちゃんも慶應よねえ。

いやいや、困ると思うのです。実際に。

で、みんなが入れているわけではありません。当然のことながら兄が受かって弟は落ちた、とか、そういう話もたくさんあるのです。

子どもひとりひとりに個性があるのだから、子どもに合った学校を選んであげるべきです。

家の中で早慶戦がおこったっていいと思うし、また受験校に行っている兄弟姉妹がいたって何の問題もない。むしろそういう方が自然なように思えます。

=============================================================
今日の田中貴.com

第183回 復習型の塾で予習をする?
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

塾の送り迎え
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


植物を育てる

以前、このサイトでも「ゴーヤ」を育てる記録を作ったことがあります。

この夏ゴーヤを育てる

で、毎日観察しなくても十分にいろいろなことを知ることができるので、やはり自分で植物を育てるという経験はすべきです。

なぜ普通部はあんなに生物の問題を出すのだろうか?

図鑑で勉強してほしいのだろうか?

いえ、そんなことはありません。

まず自分の目で見て、どうしてだろうと気がついて、そしてその理由を調べる、ということが学問の基本だからです。

受験法というのは、もちろん入試に対して効果的な対策を考えるわけで、それはそれで良いと思うのですが、そればかりに頼ってもいけない。

やはりこういう経験は少しずつでいいから積み重ねてほしいと思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

みんな同じことができるわけがない
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

わかったフリをする子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


男子の3校狙い

今年の日程は
2月1日 普通部
2月2日 湘南
2月3日 中等部
2月4日 湘南二次
2月5日 中等部二次

ということになって、1日も空きませんでした。女子の場合は2月1日が空いているので、まだ併願校を決めて対処ができたでしょうが、男子はどこかをやめないとそれができないので、実際に受験者数は減少しました。

で受験者数が減少する、ということはやはりチャンスではあるわけで、じゃあ、3校狙いたいという受け方もあるわけです。実際に一次に合格しなければそのときに併願校を受ければいいし、めでたくも2回一次に合格したというのであれば、まあ、それなりに合格ラインには近かったということなので、じゃあ、高校でももう一度、という目が出てくるでしょう。

男子の場合は高校受験の方が定員が多いので、挑戦したいところではあるのです。

だからあながち、男子の3校狙いは決して無謀とも思えない。どの塾でもいろいろ言われるとは思うのですが、こうだと思えばそれもありえる選択なのです。

=============================================================
今日の田中貴.com

規則性の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

成績が落ちたとき
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


子どもに学校の良さはあまりわからないから

僕はここに行きたい、と思う理由を聞いてみると、あまり明確にこうだと説明できる子はいません。

なぜ普通部がいいの? 男子校だから。いや、だって男子校なら他にもあるでしょう?

で、まあ、多くの場合はお父さん、お母さんが決めているところがある。子どもに学校の良さはあまりわからないから、「ここが良いのよ」ということで決まるケースが多いでしょう。

しかし、これは面接で聞かれたりする。だからしっかりと本人に理由を教えておかないと行けない。

では、お父さん、お母さんはどうして良いと思われたのか?

本人の志望理由が「父に薦められたから」はある意味ありなのです。でも、その先を本人がやはり知っている必要がある。

志望校を決めるに際して、慶應の場合はここをまずしっかり確認してください。

=============================================================
今日の田中貴.com

第181回 算数はどこでできるようになっているのか?
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

やるべきことを明確にする
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================