練習は不可能を可能にする

慶應の塾内にはいくつかの吹奏楽や管弦楽の部活動がありますが、この生徒たちは小学校からその楽器をやっていた子どもたちばかりではありません。

むしろ入学後に新たに始めた子どもたちが多いのですが、割と短期間で修得していく。やはり練習の大切さを知っているし、また練習すればできるようになることも知っているから努力できるのでしょう。

これはスポーツでも同じことで、小学校の時にやっていたスポーツがある子どもたちばかりではない。中学に入ってから初めてその競技をする子もいるでしょうが、それもまた練習を積み重ねてできるようになっていく。

慶應の部活を見ていると、練習がしっかりできているところが多い。「練習は不可能を可能にす」と言われた小泉信三先生の言葉をさらに発展させて、きわめて合理的に練習が進む。最近テレビで100m走の山縣選手の練習を見ましたが、極めて科学的にいろいろなことを分析した上で練習していることがわかります。

だから、というわけではないが、もっと受験勉強も考えた方が良い、と思うのです。ただ闇雲にたくさんの問題を解けば良い、などと考えてやるのではなく、各校何が出ているのか、どういう人材を採ろうとした試験なのか、そういうことをしっかり考えていけば、自ずと練習する方法も決まってくるでしょう。

練習の仕方をもっと考えていけば、さらに力をつけることはできるので、ぜひ工夫してもらいたいと思います。その経験は間違いなく、その後も生きてくるでしょうから。

慶應3校別スタディールームオンラインのお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


慶應進学オンラインについて


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


今日の田中貴.com
自分で進めるからイイ


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
5年の夏休みから中学受験を始める(3)


6年生の教室から
ミスを防ぐ方法を考える


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク