下書きは早めに

毎年、慶應の手続き資料を見ていますが、WEB出願に変わっていろいろ以前に比べて変わったことがあります。

一方で変わらないことも多い。志願書にしても、本人の自己紹介欄にしても、活動報告書にしても、同じ慶應でありながら各校求めることは違っており、その特徴はそれぞれなのです。

だからそういう内容が、しっかり募集要項に盛り込まれている。

読んでいると、以前と変わらないところもかなりあります。

長年の出願手続きを経て練り上がっている説明なので、少なくとも学校が話せることはちゃんと書かれている。

少なくとも出願に関して必要なことはすべて書いてあるので、ぜひ試験実施要項を良く読んでください。

結構、読んでいるつもりでいて、実際に出願書類を書いていると「これは何を書くの?」と思うことが出てくるものです。まずはコピーをとって書いてみると、そういう疑問点が出てきますから、下書きは早めに始めてください。

カテゴリー: 中学受験について, 中等部, 普通部, 湘南藤沢中等部 | 下書きは早めに はコメントを受け付けていません

配点の違いを意識する

普通部と中等部・湘南では配点が違います。普通部は各科100点満点の400点満点なのに対して、中等部と湘南は算国は100点 理科社会は50点満点の300点満点。

この傾斜配点が子どもたちの得手不得手とやはり大きくかかわってきます。

理科社会の知識が多い子は400点満点の方が有利でしょう。特に普通部は理科の生物でユニークな問題が出ることが多いので、生物が好きな子はうまく点数をとれる場合が少なくありません。

4教科そこそこ万遍なくとれる子はやはり普通部に入っていく場合が多いと思います。

逆に理科社会はそれほど得意ではないが、算数が得意な子は特に中等部に入りやすい。

中等部の理科・社会の問題数は結構多いのですが、結局満点が50点ということになると1問1点とか、そのくらいになってしまう。一方、算数はやはり1問5~6点ぐらいになるので、算数が1問違うと理科社会の5問分ぐらいになってしまいます。

したがってどちらを狙うか、という考え方は当然あってもいいでしょう。普通部型の方が自分に合うということであれば、理科・社会に最後力をいれてもいいし、中等部・湘南型の方が良いと思えるのであればその対策をするべきです。

残り時間は短くなっているので、なるべく自分の得手不得手に合った作戦を考えていくと良いでしょう。

カテゴリー: 中学受験について | 配点の違いを意識する はコメントを受け付けていません

2023年度 慶應進学館 入会案内のお知らせ

2023年度 慶應進学館 入会案内ができあがりましたので、お知らせします。

平成23年度の新学期は2023年2月13日月曜日からになります。

本年度の募集学年は新5年生と新6年生の2学年です。
新5年生の2月から6年生の1学期までをかけて、基準のカリキュラムを学習し、6年生の夏休みから本格的な学校別対策授業に入ります。
詳しくは以下のリンクからご覧ください。

2023年度 慶應進学館 入会案内

カテゴリー: お知らせ | 2023年度 慶應進学館 入会案内のお知らせ はコメントを受け付けていません

慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部進学ゼミ 開講中です。

フリーダムオンラインのシステムの中で、慶應3校の進学ゼミが開講しています。

現在公開されているのは、慶應普通部、慶應中等部、慶應湘南藤沢中等部の算数と理科です。

これまでの慶應進学オンラインの内容から現状に出題傾向に合わせて、リニューアルされています。

フリーダムオンライン

算数と理科のそっくりテスト5回が用意されています。

過去問を進めていき、最後の段階でこれまで培った力を試すのにご利用ください。

なお、すでにサンプルも公開されていますが、こちらは無料体験をされている方のみがご覧になれますので、ご了承ください。

以下をクリックいただきますと2週間の無料体験ができます。マイページから慶應3校の特別ゼミのサンプルをご覧いただけます。

フリーダムオンライン無料体験登録

カテゴリー: お知らせ, 中等部, 普通部, 湘南藤沢中等部 | 慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部進学ゼミ 開講中です。 はコメントを受け付けていません

慶應進学館メールマガジンにご登録ください。

メールマガジンにご登録ください。
慶應普通部、慶應湘南藤沢中等部とも2022年からWEB出願になりました。
受験後半、慶應進学館での情報は主にメールマガジンにて配信しておりますので、ぜひご登録ください。
https://keiosg.com/magazine

カテゴリー: お知らせ | 慶應進学館メールマガジンにご登録ください。 はコメントを受け付けていません