慶應湘南文化祭

慶應普通部と中等部は中学校だけですが、湘南は中高一貫校なので、文化祭の規模も大きくなります。

その文化祭のホームページがリリースされました。

慶應湘南文化祭ホームページ

平成24年11月10日(土) 10:00〜16:00
平成24年11月11日(日) 10:00〜16:00

ですから来週の土日。湘南の説明会も行われますので、ホームページを見ながら、どこを見に行くかプランを立ててみてください。

ステージ企画も多く、見所の多い文化祭だと思います。

==============================================================
今日の田中貴.com

英語はできるようになったのか?(2)
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

合格可能性の幅
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

活動報告書のねらい

慶應湘南は一次試験合格者に対して面接と体育実技による二次試験を行います。その際、これまでの生活、学習などの面について質問をします。活動報告書は、その資料として使用するとともに、学習面以外の点を選考の対象にしています。

2013年慶應湘南のスクールガイドによれば、

「社会的責任を自覚し、知性、感性、体力にバランスのとれた教養人の育成」を標榜している本校としましては、初等教育の早期から学習塾に過大な比重を置いた教育スタイルは好ましくないと考えています。早期より色々なことに興味・疑問を感じ、取り組んできてくださることこそ、今後の成長に最も大切と考えています。

このような趣旨にもとづき、受験生が受験勉強以外で積極的に継続性をもって取り組んできた事柄について記述していただきます。

と書いてあります。

慶應湘南を受けるのだから、当然、塾には行っているだろうし、受験勉強をしているのも間違いない。しかし、それだけでは子どもの教育とはいえない。だから、それ以外のことを面接で伺いましょう、ということでその基礎資料が活動報告書になるのです。

以前は、何か得意なことを書いたり、受賞歴を書くためにいろいろ賞状をコピーしたり、出願書類がずいぶん分厚くなりました。実際に、その内容を実技試験されていた時期もあります。しかし、現在は、

A 家庭での活動
B 学校での活動
C 家庭・学校以外での活動

の3つについて、1つずつ書き、その証明のための書類は1枚の紙に全部貼りこむことになっています。まあ、たくさん書かれても、なかなか読み切れないので、それぞれ1つずつ、3つのポイントにしぼって話を聞きましょう、ということなのです。

一次試験は成績で決まります。しかし、二次試験は面接や体育実技、などを含めて決まるので一次の成績だけでは突破できない面があります。これまでの子どもの成長を振り返りながら、いったいどういうことに力をいれてきたか、しっかりアピールできる内容に仕上げてください。

==============================================================
今日の田中貴.com

5年生は第一志望を考える時期です。
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

これからやるべきこと
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

数の性質の問題

平成23年普通部の4番。


ある整数Nを2回かけてできた数をとします。たとえば
【2】=2×2=4です。

(1)B=【A】とするとき、【B】=81 でした。Aはいくつですか。

(2)B=【A】 とするとき、B+【B】=650 でした。Aはいくつですか。


よく問題を読まないとひっかかりそうですね。
(1)は9と思わず答えそうですが、それでは間違いになってしまいます。

【B】=81ですからB=9です。ところが9=B=【A】ですからA=3でないといけませんね。

(答え)3

(2)B+B×B=650 って二次方程式でしょう。

しかし、B×(1+B)だとわかれば、連続する整数の積、ということになります。

650=2×5×5×13=25×26

したがってB=25

A=5

ということになります。

整数を上手に扱うコツをつかんでおきましょう。だからといって、二次方程式を教えてしまわないように、注意してください。
==============================================================
今日の田中貴.com

第55回 量を解いても、できるようにならない場合
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

歴史の年号
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」がkoboでお読みいただけます。

「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」がkoboに掲載されました。これでiPhone版、パブー版、kobo版の3種類になります。

この本は慶應の諸学校9校についてお話をしました。諸学校というのは、慶應の付属校のことを言います。

小学校 慶應幼稚舎
中学校 慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部
高校  慶應義塾高校、女子高校、志木高校、湘南藤沢高等部、ニューヨーク学院

この9校は全部独自入試ですし、入試傾向が違います。また高校では入試のシステムも中学とは違います。慶應という学校を考えてもこれだけ選択肢があるわけだから、親としてはもっと長期的に考えるべきではないだろうか、と思うのです。

小学校受験、中学受験、高校受験というそれぞれの節目をどう考え、どの学校をどう狙うのかについて、慶應という学校をテーマに考えてみました。慶應を狙う方はもとより、そうでない方にもぜひ長期的なビジョンを持つという観点でお読みいただければと思います。

「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」kobo版

==============================================================
今日の田中貴.com

帰国子女入試
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

試験科目の順番
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

志望動機は敬体で

慶應の願書は親の作文が多いわけですが、特に志望動機を記入する欄もなかなか大きいですね。

さて、ここの文章を書くにあたっては、やはり敬体で書くのが一般的でしょう。

志願書というのは、入れてください、と一応お願いする形式のものですから、やはり敬体にするものだと思います。ただ、あまりに敬語がだらだらしてしまうのも、問題だし、案外敬語が間違っていたりもする。

文案は何回か作り直し、音読してみてください。

先生方もかなりの枚数を読むので、そこそこ読みやすい、というのは大事なことだと思います。

親の入試と良く言われますが、しっかり準備すれば大丈夫です。

==============================================================
今日の田中貴.com

視直径
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

試験科目の順番
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================