習いごとを続けるために

習い事やスポーツは塾が始まってくると、なかなか続けられなくなる子が増えていきます。

小学校4年生で、すでに1つか2つに絞られて、せいぜい続けられるのが小学5年生の夏まで、という感じが一般的ではないかと思うのですが、湘南の活動報告書の範囲は小学校4年生からになります。

小学校生活で過去3年間何をしてきたか、ということを問われて「塾だけだったなあ」ということになるケースも少なくありません。

で、別に活動報告書のために続ける必要はないでしょうが、それでもひとつぐらいはなるべく長く続けていきたいところではあるのです。

習い事やスポーツの意味は、別にプロになるということではなく、勉強以外に自分で成長していく場所やカテゴリーがあることにあります。

勉強して成長することは多々ありますが、一方で他の子どもたちや上級生とのコミュニケーションやチームをまとめたり、あるいは裏でチームを支えることに従事すれば、また身につく能力があるはずです。

本人が好きで競技が続けられるのであれば、たとえ試合に出られなくとも練習を続けていくことで体験したり得られるものは少なくないはず。

なので、あまりたくさんはできないかもしれませんが、数を絞ってなるべく長く続けられるように工夫する方法をぜひ考えてください。

やがて学校に入れば部活と勉強の両立は必須なので、早くからなれておくことも大事ではないでしょうか。

スタディールームオンラインで習いごとを続けている子どもたちもいますので、こちらもご検討ください。

慶應進学特別 入会案内

スタディールームのご案内


今日の田中貴.com
筆記用具は余裕を持って用意する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
かぜと怪我に注意


5年生の教室から
5年生からスタートする理由


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


学校別特訓を単独で塾にする

普通、学校別特訓というのは6年生の夏休みか秋にスタートします。

ところが慶應進学特別は学校別特訓を塾にしたようなもので、5年生から慶應に向けて勉強する。学校別特訓を単独で塾にする、というのは、なかなか大胆な発想だったかも知れません。しかし、受講する生徒にとってすれば、他の学校に出ることはどうでも良い。

今自分の前に出てくる勉強は、慶應の受験に必要なことだけであってほしい。それだけでも結構大変だからです。

慶應は男子も女子も複数慶應を受けることができます。男子にいたっては3校受けられる。

そしてその1つに合格できればいいわけだから、もっと勉強をシンプルにやることができるのです。

慶應は二次試験もあり、独自にやらなければいけないことが多い分、やはり単独で塾にした方が指導する側も重点を置きやすくなるのです。

だから、シンプルに狙って欲しいと思います。

慶應進学特別 入会案内


今日の田中貴.com
君たちの番だよ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
仕上げの時期だからていねいに


5年生の教室から
塾で完結するために


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


展覧会の印象を整理しておく

その学校を志望すれば、当然、文化祭にはきているだろうということで、それに関する質問が面接でも良く行われます。

ちなみに
普通部→労作展
中等部→展覧会
湘南→文化祭

と呼び方が違いますから、注意してください。

それぞれ見学した内容は覚えているとは思いますが、結構いろいろな学校に行っているので、それが混乱してもいけません。

慶應を複数受験する場合は、それぞれの学校の印象をまとめておくと良いでしょう。

面接の前日、一応そのメモを読んでおくと、安心して面接を受けられるでしょう。


今日の田中貴.com
学習のイノベーション


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
早くから塾に行くと


5年生の教室から
映像授業って、集中できるんですね


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


補欠繰り上がりについて

試験前にお話しておいた方がよいかなと思うので、補欠繰上りについて簡単に説明しておきます。

合格発表段階で、補欠繰り上げ候補者というのが決まっています。
すでに番号もついています。補欠繰り上げ候補者になれば、その番号を教えてくれます。

湘南は以前、定員きっちり発表して、当日から補欠の繰り上げをやりましたが、今は少し余裕を持って合格者を出すことにしているので、補欠の繰上りはすぐには始まらないでしょう。

慶應はどこかに合格すると、一度支払った金額を振り替えることができるので、中等部の発表が終わってから動きが始まります。

例年3月1日ごろ、手続き終了の告知が各校から配送されますが、それまで約1か月。慶應の入試は長丁場ですが、これもまた長い。

ただ、連絡がつかないと飛ばす、ということはありません。繰り上がった以上、連絡を確実にとってくれますから、じっと家で待っている必要はありません。

どのくらいの番号まで回ってくるか、というのは年によって違うので何ともいえません。何人繰り上がったのか正式な発表をしているのは湘南だけです。

昨年は一般が30名、帰国2名の繰上りでした。

2017年慶應湘南試験結果
一般の場合募集定員120名 合格者が138名、補欠繰上り30名 計168名
帰国の場合募集定員30名 合格者48名、補欠繰上り2名。 計50名

最初の合格者数によって、多少の前後がありますが、例年合格者数がこのくらいになるイメージはあります。

なお補欠繰上りの場合も発表時書類の受け取りが必要ですから、忘れないようにしてください。


今日の田中貴.com
溶解度に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
70キロ先の生徒


5年生の教室から
お問い合わせ


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


2018年度2月12日開講

慶應進学特別は2018年2月より、新たな時間割をスタートさせます。

2名の専任が新たに加わり、充実した2年一貫の指導体制で、慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部の合格指導にあたります。
—————–
慶應進学特別新6年
—————–
算数 火曜日 17時から20時05分 担当 加藤
国語 木曜日 17時から18時30分 担当 山口
社会 木曜日 18時35分~20時05分 担当 山口
理科 土曜日 13時~14時30分 担当 加藤 田中
算数演習 土曜日 14時35分~16時5分 担当 加藤 田中
慶應土曜完成 9時~12時5分 担当 加藤

—————–
慶應進学特別新5年
—————–
算数 月曜日 17時から20時05分 担当 加藤
国語 金曜日 17時から18時30分 担当 山口
社会 金曜日 18時35分~20時05分 担当 山口
理科 水曜日 17時から18時30分 担当 加藤
算数演習 水曜日 18時35分~20時05分 担当 加藤

2019年の受験では慶應湘南藤沢中等部の募集枠が減少しますので、さらに狭き門となるので、より一層学校別対策に重点を置きながら、効率よく指導していきます。

今、お通いのクラスでは、慶應に届かない、という場合、ぜひご相談ください。
慶應に特化することで、負担を減らすとともに、早めに学校別対策を組むことで、入試に対応できる学力をつけることが可能です。それでも新6年生は早めにスタートした方がより効果が高くなります。

詳しくは以下の入会案内をご覧ください。

慶應進学特別 入会案内


今日の田中貴.com
確認を繰り返す


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
不合格でも成功する子


5年生の教室から
一人で置いておくと勉強しない


gakkoubetsu


慶應進学オンライン