慶應中等部説明会日程

中等部の今年の説明会日程が発表されています。

慶應中等部説明会日程

今年は外部説明会の参加が3回。学校の説明会は11月ですから、それまの間に何かお知りになりたいことがあれば、これらの外部説明会を利用されると良いと思います。

第1回目は5月22日の合同相談会。詳しい情報はこちらをご覧ください。

合同相談会

============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

できるだけ解けばよい
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


男女比の違い

同じ慶應ながら、湘南は男女比が1:1になるのに対して中等部は2:1(現状は13:8ぐらいになっているように思いますが)。

中等部は戦後生まれた学校で、初めて中等教育で男女共学を実現したわけですが、しかし、それにあたって相当研究していたところがあります。中学生の時期は女の子の方が精神年齢が高くなり、男の子が幼い。男子は多少なりとも破天荒なところがあり、女子がそれをばかにする、というところはあるわけで、それは最初からわかっていた。

だから、その均衡をとるバランスが何かをしっかり考えて、男女の枠を作っています。

ということで、中等部は男子の方が多いから、うまくバランスがとれる結果として、男子女子とも仲がいい。学校生活を見ていると、本当に楽しくやっている、という感じがします。

これは普通部の諸君からすれば、ちょっとうらやましいところがあるかもしれない。

同じ慶應であっても実は3校とも微妙にスクールカラーが違う のです。

============================================================
今日の田中貴.com

溶解度に関する問題
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

パターン問題を繰り返すな
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


能は大人でも見たことがある、という人は少ないかもしれません。

能や狂言を楽しむ、という機会はそうそうあるものではないが、しかし、実際に見に行ってみるとおもしろいと感じることは多いでしょう。

だからというわけではないが、歌舞伎や能についての問題が中等部で出題されることがある。

出題があるから見に行く、というのでもいいと思うのです。

それで見る機会があれば、勉強する上で間違いなくプラスになる。歌舞伎も同じことなので、機会をぜひ作ってあげてください。

============================================================
今日の田中貴.com

よく考えてから質問する
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

実行に移せるか
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


慶應の運動部

慶應各校の部活動は活発に行われています。運動部も同様で各校での練習はかなりしっかり行われています。大学付属ですから、部活も縦につながっているところがあり、例えば野球でいえば、中学も高校も先輩がコーチに入ったり、大学の体育会と連絡をとったりするところがあります。

ただ、すごく強いかといえば、そうではない。

高校では推薦があるので、多少なりとも腕に自信のある生徒が入ってくるところはありますが、しかし、それはやはりある程度、というところであって当然、勉強もできないといけないし、逆に一線級はなかなか来られないところはあるわけです。

でも、その割には強い、というのはやはり割と熱心に練習する。中学のときは特に初心者が多いわけですが、初心者がそれなりに指導を受けて熱心に練習すれば、ある程度のところまではいくわけで、だからそこから学ぶことが多い。最初はできなくても、少しずつできるようになる過程を知ると、いろいろな分野で挑戦する気持ちも強くなってくるでしょう。

練習は不可能を可能にす、というのはまさにその通りなのです。

============================================================
今日の田中貴.com

高望み?
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

理科はどうしても暗記が先になるが
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


神奈川私立男子中学校フェア2016

神奈川私立男子中学校フェア2016が5月29日(日)聖光学院で行われ、普通部が参加します。

神奈川の男子校だけのフェアです。まあ、最近は共学校の人気が高いのですが、男子校も悪くはない、ということをアピールする会です。

確かに中学生の時代は女の子が強く、男の子はまだまだ幼く感じられる分、男の子だけ、の方が教育的にメリットがある場合もあるでしょう。その辺、各校が詳しく説明してくれるのではないでしょうか。

参加校
浅野・栄光学園・鎌倉学園・慶應義塾普通部・サレジオ学院・逗子開成・聖光学院・桐蔭学園中等教育学校・藤嶺学園藤沢・武相・横浜

神奈川私立男子中学校フェア2016

============================================================
今日の田中貴.com

私立の先生
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

字が雑な子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================