速さの問題でグラフを使う

6年生学校別算数 ゴールデンウィーク特訓のお知らせ

普通部の場合、定規、コンパス、分度器の持ち込みが必要となります。

普通は図形を描くのか、という想定が多いと思われるのですが、近年はグラフを描くことが多い。

算数で速さの問題に関して情報をグラフで提示される問題が増えています。また答えも与えられたグラフの中に新たに書き込む、という問題になり、ここで定規を使うことになるのです。

もとより速さの問題は条件が複雑になりやすいので、グラフを描いて情報を整理するのはひとつの大事なやり方ですが、やはり慣れておくことが大事。簡単にグラフを書けるように練習しましょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
気体に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
戦いの場


5年生の教室から
5年の理科は覚えることばかりだが


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


地方から慶應を狙う

6年生学校別算数 ゴールデンウィーク特訓のお知らせ

以前から地方にいる子どもたちが慶應を受けるお手伝いをしています。

まだインターネットがない時代は、毎週土日だけ東京に通っている子どもたちがいました。私が指導した中ではやはり広島が一番遠かったと思いますが、それ以外にも結構遠くから塾に土日だけ通う。

日曜日はもう一日塾にいる感じで、平日やりこなす部分を決めて確認する、という繰り返し。土曜日の夜行で帰る、という子もいました。

しかし、今はそんな大変なことをしなくてもいい。

テレビ電話とWEB学習システムがあるので、全国どこでも指導できるようになりました。

今年も地方から慶應を狙う子がいますが、平日できなかった指導ができるので本当にやりやすい。

そういう意味では場所の制限はなくなっているので、大いに狙ってもらいたいと思います。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
記述を空けない


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やる教科を絞る


6年生の教室から
眠いのには理由がある


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


計算力を鍛える

特別開催 慶應進学館 学習相談のお知らせ

慶應3校とも計算問題は出題されるし、算数の問題を解いていくのにどうしても計算力は必要です。しかし、計算の練習は面倒ですし、あまりやりたくない勉強のひとつでしょう。

こればかりは、やはり継続していかないとなかなか身についていかない。例えば1週間に1度、20題練習するくらいなら、毎日3題やった方がよほど力がつきます。これは筋肉トレーニングとあまり変わらない。休んでしまえば、それだけまた衰える。しかし、毎日続けることで、つねにその部分が活性化されるから、力が落ちず、むしろ伸長していくのです。

で、計算をやるときには、「絶対に間違えない」というルールでやるべきだと繰り返しお話しています。これも筋肉トレーニングと同じ。例えば腕立て伏せを30回やるとして、腕や腹筋に負荷がちゃんとかかっていなければ、やっても力がつかない。同じようにミスばかりの計算をしていても、これは計算力がつくわけではないのです。

計算は間違えてはいけないものです。

算数や理科の問題を解いていくとき、計算が間違っていれば正答にはたどりつかない。つまり、合格の基礎となるものだから、必ず正解でなければならないのです。

そのくせを今から少しずつつけていく必要があります。これは入試まで一貫して続ける。決して終わりはないと思ってください。

夏までがんばればよい、というものではない。やめたら、また力が落ちていくからです。だから朝起きたら計算、というやり方が昔から推奨されているわけです。朝でなくてもいいが、とにかく一日3問。必ず間違えずに計算する、という練習を続けていく。こういう蓄積が最後には力を発揮するのですから。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
大気に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
忘れた!


6年生の教室から
欲が強い?


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


男女比の違い

特別開催 慶應進学館 学習相談のお知らせ

慶應普通部は男子校であるのに対して、戦後男女共学校として慶應中等部が生まれました。

現在の中等部の1学年は男子156名、女子96名という構成になっています。この男女比は、中等部が創立当時から検討してきた割合です。どうしてもこの時期の精神年齢を比べると女子の方が上になるので、男子の数を多くすることによって全体のバランスをとる、というのが中等部の考え方でした。

それに対して男女比1;1になっている慶應湘南は、中等部とはやはり違うスクールカラーになっています。もちろん中学校では女子の力強さを感じますし、また中高全体として女の子が優秀であることには変わりがない。例えば医学部の進学はほぼ女子、という状況が続いていますが、ただ男の子も高校ではやはりそれなりに力をつけてくる部分がある。

それぞれの男女比によって、スクールカラーの違いが生まれてくるので、その辺も学校選びの参考にしてください。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
読むスピード


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ウチの子に合うやり方を


5年生の教室から
海外での受験準備


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


中学で狙うか、高校で狙うか

特別開催 慶應進学館 学習相談のお知らせ

慶應は小学校、中学校、高校、大学と4回入るタイミングがあります。

で、そのうち中学校と高校、どちらが入りやすいでしょうか?

まず定員。女子は中等部が約50名。湘南が約35名。合計85名。慶應女子高校の定員は約100名であまり変わらない。そして偏差値的にもやはり両方ともトップランクでしょう。

男子の方は普通部が180名、中等部が140名、湘南が35名で合計380名。 高校は慶應義塾高校が約370名、慶應志木高校が約230名合計600名。そう、男子は高校の定員がかなり大きくなるのです。

ただし、湘南は一貫校になるので、東京、神奈川、千葉、埼玉からは受験できません。(全国枠ならびに帰国枠はあります。)さらに慶應ニューヨーク学院も募集はあるわけですが、まあ、これは特殊な試験なので別枠に考えておきましょう。

男子に関して言えば、やはり定員が多い分高校の方が入りやすいとは言えるでしょうが、しかし、偏差値的に見るとそう変わりがあるわけではありません。

ただ、決定的な違いとして、中学受験は4教科であるのに対して、高校受験は英数国の3教科になります。英語圏からの帰国はやはり有利だろうし、逆に中学受験生は数学でアドバンテージがあるでしょう。

だから、中学を受けて、だめなら高校、という層も確実にいます。

慶應に入れたい、と思うのであればやはり中学からまず挑戦する、というのが一般的な考え方でしょうが、例えば海外や地方赴任があった場合、高校から狙うというのも十分アリだと思います。

慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
体調に注意する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やらなかった問題はどうする?


6年生の教室から
なるべく教えない


gakkoubetsu


慶應進学オンライン