社会の復習

受験カリキュラムでいえば、一番最初に地理を勉強しました。

それから歴史、公民と進んできているわけで、そうなると地理の勉強はだいぶ前のことになっているので、やはり忘れていることは多いのです。

忘れてしまうのは仕方のないことで、これは後から覚え直せばいいわけですが、しかし、やはり勉強して思い出すきっかけを作ったほうが良い。

まだ知識を覚える必要はありません。しかし、昔勉強したことを思い出す必要はあるわけで、その方法としてはテキストを読み直すのが良いと思うのです。

日本地理の場合、まず九州から初めて、中国・四国、近畿、中部、関東、東北、北海道となっているから、それぞれ1つずつテキストを読み直していくと良いのです。

不思議なもので、全部忘れているわけではなく、復習することでなんとなくうろ覚えだったものが明確になってくるところはあるのです。

時間はあまりないかもしれませんが、適宜テキストを読み直す作業を始めていってください。同じように、歴史もかなり忘れてしまっている部分はあるでしょう。ああ、そういうことを勉強したな、というレベルでかまわないので、少しずつ読み進んでいってください。

もし、テキストがなければ、歴史などは中学の教科書を使っても良いかもしれません。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
読んで考えて書く


今日の田中貴.com
真似る相手がいるか


5年生の教室から
テスト復習ノートを作る



慶應進学オンライン



カテゴリー: 中学受験 パーマリンク