大学4年間よりは

慶應に大学だけ通ったという場合と、中学や高校から慶應に行った場合で考えると、やはり一貫教育の良さという意味では後者に軍配があがるでしょう。

でも、中学からと高校から、はなかなか微妙な気がします。

10年は長いかもしれない。(幼稚舎に至っては16年ですから、これはさらに長くなりますが。)

10年は長いかもしれないが、その分、同じ友だちとつきあう時間は長くなるでしょう。高校受験で入ってきた子どもたちは、中学受験よりももう一歩踏み込んだ勉強をしているし、英語もそれなりにできるようになっている、というところはあるので、それはそれで力がついて学校に入っているメリットもあるでしょう。

だから、最初から受けてみて、受かればそれでいいし、残念であればまた次の機会を狙う、というのが良いように思うのです。

受験校に行って、慶應大学を受験し、慶應に行くと慶應のおもしろさというものを謳歌するのにはやや時間が足りない、と感じることが多いようです。

=============================================================
今日の田中貴.com

第179回 三日坊主を脱する
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

遊ぶときは
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク