解答用紙

解答用紙は、湘南が公開していませんが、普通部、中等部の解答用紙は公開されています。

で、そっくり模擬試験をつくるときに、この紙のサイズが問題になった。

横幅は例年同じなのですが、たての幅が問題によって違う。つまり、裁断さているわけです。それでも毎年概ね出題量は変わりませんから、だいたいこの長さということで、したがってその量に合わせて問題を作り、問題の量によって解答用紙を作る。

その後印刷屋さんと打ち合わせをして、裁断してもらっていました。

慶應は各校とも1教科1枚の解答用紙になりますが、A3とかB4とかいう定型にはなりません。

したがって結構長くなる年もあるので、これはそっくり模擬試験で体験しておいた方が良いでしょう。
=============================================================
今日の田中貴.com

見直す力
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

正解がひとつではない問題
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


体育実技の意味

慶應の3中学の入試においては体育実技があります。

別に体育学部の生徒を募集しているわけではないので、体育が優秀な子をとるわけではないのに、なぜ体育実技の試験をするのかといえば、それは福沢諭吉が初等教育の理想として、「まず獣身を成して而して後に人心を養う」ことを重んじたことにあります。

幼稚舎も同じような理念のもとで運営されていますが、要はまず子どもは体がしっかりしている、元気であるということが必要であって、そういう体ができあがって初めて勉強もをやるべきであると考えているのです。

ということは、中学に入る段階でその獣身ができていなければならないわけです。だから体育実技を課して、その状況を見ることが慶應義塾にとっては不可欠な要素なのです。

塾に行って勉強する、ということが当たり前になってきているのですが、しかし、一方で子どもが成長する段階では体力もしっかりついていないといけない。別に足が速いとか、俊敏であるということが大事ではないが、体が元気である、ということを確かめるために体育実技は行われています。

学校で体育の授業を受けているので、それなりに運動はしていると思うのですが、しっかりとした体躯も育てていってほしいと思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

個の勉強方法
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


中等部の算数の解答形式

中途部の算数は答えだけを書きますが、その答えの書き方が独特です。

例えば答えが\frac{1}{2}であるとき、問題文にはのように指定されているので、アには2を、イには1を書き込まなければいけません。

また1200が答えだとすると答えは□□□□と答えがあいているので。最初から4ケタの答えであるということはわかります。したがって自分の答えが5ケタになっていれば、どこかで間違えていることがはっきりするわけです。

なぜ、このような形式になっているかというと、「採点をなるべく簡単にできるようにする」ためです。以前中等部は2月5日に入試を行っていましたから、最後の挑戦というので、多くの受験生が集まっていました。

しかし、二次試験もあるので、スピーディーに採点を進めていかなければなりません。そのためには人手をかける必要があるので、ある意味採点しやすい形式にすることが望ましく、それでこのような形式になったわけです。

ア 2 イ 1 …

のように1つのマスに1つの数字が入っていく答えであれば、採点は比較的簡単に進むので、今はその当時ほどの受験生ではないものの、この形式の問題は続いています。

で、この答え方には早く慣れておいた方が良い。結構、ミスを起こしやすいのです。ひとマスずらしてしまうと、全部答えが違ってきます。それはすべて×となって採点されてしまうので、それを防ぐためには早くから練習を始めるのが一番。

中等部の過去問は比較的組みしやすいところがあるので、早くから始めていきましょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

記述対策(1)
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

がんばる程度
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


計算問題と一行問題

3校とも前半部分には必ず計算問題が出題されるし、中等部や湘南では一行問題も出題されています。

計算は、分数小数混合になることが多いので、やはり計算力をつけていく必要があります。

ですから、日ごろから計算問題と一行問題の練習はした方が良いのです。

朝、計算の練習をしているお子さんは多いと思いますが、毎日3題ずつでも、しっかりと練習をする。そして「必ず正解する」ように解いてください。

「絶対に間違えない、なんて不可能だ!」と子どもたちは言うかもしれません。しかし、そんなことはありません。やろうと思えばできる。

計算は確かめればいいのです。応用問題と違って考え方はシンプルだから、間違えるのは「問題の読み違い」か「計算間違い」だけ。だから、その可能性を徹底的に見直せばいい。これは練習をすれば、必ずできるようになります。

そして、「確かめる方法」を身に付ければ、「間違えているはずがない」という確信が持てるから、自信がつきます。この自信は応用問題を解くときに大変役に立つし、実際に点数の下振れを防ぎます。

速く解く必要はありません。確実に「間違いなく」正解する。ここが重要ですから、それを念頭に入れて、毎日の練習に励んでください。

=============================================================
今日の田中貴.com

ママの影響を排除する
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

能力と努力
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


近代史と統計

2014年、慶應湘南で以下のような問題が出題されました。


図1は1920年と1940年の日本の地域別輸入額の割合を示したものです。次の問いに答えなさい。なお、北アメリカについては、ほとんどがアメリカ合衆国からの輸入となっています。

問1 1920年から1940年にかけて日本の輸入額は増えています。その理由として正しいものを選び、番号で答えなさい。
 1 日本はどの戦争にも参戦することなく、工業化に専念することができ、そのための資材を輸入していたから。
 2 日本は世界大戦に参戦し、兵器を生産するための資材を大量に輸入していたから。
 3 日本はアジアでの戦争を始め、工業化が進み、そのための資材を輸入していたから。

問2 1920年から1940年にかけてのアジアについての説明として正しいものを選び、番号で答えなさい。
 1 アジアからの輸入の割合と輸入額が増えているのは、アジアの国ぐにが急速に工業化し、高価な製品を日本が輸入していたから。
 2 アジアからの輸入の割合と輸入額が増えているのは、日本がそれまで持っていた植民地を手ばなし、アジアの国ぐにとの友好関係が深まったから。
 3 アジアからの輸入の割合と輸入額が増えているのは、この地へ日本が進出するようになり、結びつきが強くなっていたから。

問3 1920年から1940年にかけてのヨーロッパについての説明として正しいものを選び、番号で答えなさい。
 1 ヨーロッパからの輸入の割合と輸入額が減っているのは、ヨーロッパが戦争になり、日本との貿易をする余裕がなくなってきたから。
 2 ヨーロッパからの輸入の割合が減っていても輸入額が増えているのは、ヨーロッパの工業製品が日本には必要で輸入が続いていたから。
 3 ヨーロッパからの輸入の割合と輸入額が減っているのは、日本の関税自主権が認められていなかったので、ヨーロッパから製品を輸入することが難しかったから。

問4 1920年から1940年にかけての北アメリカについての説明として正しいものを選び、番号で答えなさい。
 1 アジアと北アメリカからの輸入の割合に大きな変化がないのは、日本がアメリガ合衆国、アジアの国ぐにのどちらに対しても友好関係を築いていたから。
 2 北アメリカからの輸入の割合にほとんど変化がないのは、日米関係が悪化しつつあったにも関わらず、石油などの資源を輸入していたから。
 3 北アメリカからの輸入の割合にほとんど変化がないのは、日米関係が悪化しつつあったにも関わらず、日本が好景気になり、アメリカ合衆国からぜいたく品を輸入していたから。

問5 1920年から1940年の問に起きたできごとを古い順に並べなさい。
 1 満州事変のはじまり     2 国家総動員法の成立
3 世界恐慌のはじまり 4 普通選挙法の成立

問6 1941年から1945年にかけての日本についての説明として正しいものを選び,番号で答えなさい。
 1 太平洋と中国で戦争を行っていたため,資源の輸入額は増え続けた。
 2 アメリカ合衆国からの資源の輸入がとだえ,東南アジアへの進出を強めた。
 3 同盟国であるドイツからの輸入が増えたため,アメリカ合衆国との戦争に必要な資源を確保することができた。


世界史は範囲外ですが、近代史は世界との関係がはっきり出てくるので、小学生といえどもやはり世界の歴史をある程度勉強しておかなければなりません。
今回はそれを貿易にからめて出題されていて、これはなかなか良い問題だと思ったものの、やはり難しい部分があったかと思います。

日本が参戦している戦争ばかりではなく、世界の動向にも近代史からはある程度関心を持っておいた方が良く、そのカバーをするのには実は中学校の歴史の教科書です。
教科書は文章で説明しているので、読み物として使うことができます。

特に慶應は明治以降の歴史は出題されることが多いので、今のうちから読んでおくとプラスになるでしょう。

(解答と解説)
【問1】
1919年がパリ講和会議で、第一次世界大戦が終結しました。その後1937年に日中戦争、1939年に第二次世界大戦が始まり、日本の軍備が増強されたので3。

【問2】
この頃、日本は東南アジアへの進出を始め、ヨーロッパとの対立を深めていきますから3。

【問3】
第一次世界大戦でヨーロッパは疲弊しました。その後、第二次世界大戦へと進んでいくので、1。

【問4】
アメリカは第一次世界大戦当時は、ヨーロッパに不干渉の態度をとっていました。したがって、アメリカは第一次世界大戦中、大戦の影響を受けることがありませんでした。また太平洋戦争が起こってから、石油のアメリカからの輸入が禁止されたので、それまではあまり変わりがなかったので2。

【問5】
満州事変 1931年  国家総動員法 1938年 世界恐慌 1929年 普通選挙法 1925年です。
4→3→1→2

【問6】
1941年は太平洋戦争が始まった年。1945年が終戦です。したがって2。

=============================================================
今日の田中貴.com

第139回 これまでとこれから
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

難しい問題も挑戦する
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================