比に力を入れる

概ねすべての範囲の勉強が終わったところだと思います。すでに終わった、というところもあると思いますが、いずれにしても算数はこれから演習の段階に入るわけですが、例えば5年生のときに習った旅人算や差集め算、といったようなところまで戻らずとも比で解ける問題が増えているはずです。

もちろん差集め算や旅人算はできなければいけないが、それにあまり時間をかけすぎてもいけない。時間は限られているので、算数を復習するといってもその中身には当然、優先順位があります。

それが比です。

比で速さを解く、比で文章題を解く、比で図形を解く。

比の基本練習をする、というよりは比でいろいろな問題を解けるように練習していくことを中心に勉強していくと良いでしょう。

比の問題は実は出題率が高いのです。

ですから、まず比の勉強をしっかりがんばりましょう。

==============================================================
今日の田中貴.com

地震に関する問題
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

負けから学ぶこと
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク