2021 春期講習のお知らせ

慶應進学館では、以下の日程で春期講習を行います。新6年生(現5年生)はいよいよ受験学年に向けて慶應受験に向けた難易度の高い問題に取り組んでいきます。
新5年生(現4年生)は2月からの授業を復習しながら、基礎力の徹底を図ります。以下の内容は集合授業になります。

本年の春期講習はコロナ禍を鑑み、すべてスタディールームオンライン(テレビ電話とWEB学習システムを併用した個別指導)に限らせていただきます。

詳しくは以下の案内をご覧ください。

2021慶應進学館 春期講習のお知らせ

カテゴリー: お知らせ | 2021 春期講習のお知らせ はコメントを受け付けていません

2021年湘南入試結果

例年通り、3月5日、慶應湘南が今年の結果を発表しました。

一般枠
募集定員 70名
志願者数 521名 男子 231名 女子290名
一次受験者数 471名
一次合格者数 192名
二次試験受験者数 177名
二次試験合格者数 85名
繰上げ合格者数 5名 
入学許可数 90名
入学予定者数 男子28名 女子40名 計68名

帰国枠
募集定員 30名
志願者数 184名 男子110名 女子74名
一次受験者数 157名
一次合格者数 87名
二次試験受験者数 84名
二次試験合格者数 41名
繰上げ合格者数 0名
入学予定者数 男子20名 女子19名 計39名

また慶應義塾横浜初等部から104名、慶應義塾幼稚舎より5名が進学。

カテゴリー: 中学受験, 湘南藤沢中等部 | コメントする

慶應普通部、理科の入試傾向

普通部の理科の特徴はなんといっても生物関係の出題でしょう。

普通部の理科教育においてフィールドワークが重要視されていることから、これに関する出題が多くなっています。受験参考書にあまりのっていない生物が問題になることがあり、図鑑などを見ておく必要があります。また観察眼という視点での問題が多いので、スケッチなども要求されます。したがって、単に知っているだけでなく、どう表現するかも考えておかなければいけなません。

しかし出題は生物だけに限られることではなく、これ以外にも天体や地学範囲の問題が多くなっています。逆に力や水溶液などの計算問題は、それほど多くはありません。

試験時間30分で100点満点。かなり忙しい試験といえます。近年大問5〜6問程度。1問5分程度で解答をしていかなければなりません。選択式の問題が多いものの、スケッチ、記述など解答形式もいろいろあるので、勉強はまず過去問をしっかりやりながら、出題の形式に慣れることでしょう。

出題に特徴があるため、生物に関する関心が高いことは有利になります。実際に自分で生物を飼っているなどの経験はプラスになるでしょう。また、調理に関する問題が出題されることがあります。カレーライスの作り方、調味料の問題など、理科の内容を聞く問題ではあるものの、多様な生活体験を求めています。例えば野菜を切ったときの断面、実のなり方など身近な野菜や果物を観察したことがあるかどうかを問われたりしていますので、十分注意が必要でしょう。

過去問がある程度終わったら、他校の生物の問題だけを電話帳から取り出して、勉強していきながら生物の知識を増やしていくと良いでしょう。

生物にとどまらず、基本的な知識からいろいろ発展して考えさせる出題が多い学校ですので、「あ、知らない」とあきらめるのではなく、何かヒントがないか、粘り強く考えていく姿勢を身につけることが大切です。

カテゴリー: 中学受験, 普通部 | コメントする

慶應普通部、算数の入試傾向

試験時間は40分。 大問8~9題程度。解答用紙は記述式で、普通のA3版よりもやや大きい解答用紙が用意されています。

1問の解答欄の幅は13.5㎝程度。
高さは問題によって異なりますがだいたい6㎝から7㎝。
解答を書く欄は指定されていますので、その上の空白部分に式や計算を書きこむことになります。

40分で8題とする1問5分。したがって1問15分程度の男子御三家レベルの問題に比べると3分の1ですから、問題の難度はそれほど難しくはありません。
逆に8題から9題ということは、ほぼ各テーマが万遍なく出されるということなので、不得意な範囲をつくらないということがまず大事なポイントでしょう。

40分という試験時間の中で合格点は7割近くと推察されることから、確実に得点する能力が求められます。解答用紙の指示としては

1 答えは解答用紙の答えのらんに書きなさい。
2 解答用紙に、途中の計算式などを必ず書きなさい。

となっているので、単純に答えだけがあっていれば良いという問題ではないでしょう。

出題分野としては、計算問題2題。比と割合、速さ、場合の数、規則性、数の性質、平面図形、立体図形の分野から出題されていますが、推理の問題なども出題されています。

対策としては、まず各分野の基本をしっかりさせることです。男子御三家のような問題ではないが、逆に幅広く出題されますから、ある程度どの分野でも対応できるようにすることが第一。
次はやはりていねいさでしょう。決して難しい問題ばかりではないので、逆にミスをすると差をつけられてしまいます。丁寧に確実に得点をしていく技量が求められるので、特にこれからは正確に解いていくくせをつけていきましょう。

計算も解答用紙に書き入れますので、日ごろから式や計算をノートにていねいに書くように心がけてください。

カテゴリー: 中学受験, 普通部 | コメントする

慶應普通部 国語の入試傾向

試験時間40分で、大問3問が例年の形でしょう。読解大問2題。知識1題。知識はこれまでほぼ漢字の書き取りに限られるといってもよかったのですが、2021年は同音異義語が4問出題されて合計小問として10問になりました。文章の長さによっては3題目の問題を用意する場合があります。

読解は物語文1題。説明文1題。共に小問10題。20字~50字程度の記述問題が数問含まれますが、中心は選択問題、書き抜き。記述は決して長くはないので、その分要点を簡潔にまとめる素養が必要になります。ポイントを押さえ、端的に答える工夫が必要です。問題文はそれほど難しい文章ではないが、選択肢については紛らわしいものもあり、本文の内容と照らし合わせて根拠を見つけることが必要でしょう。

漢字の書き取りの難度は、標準的と言えるでしょう。それほど細かな出題ではありません。

物語文については、場面の理解、登場人物の心情理解が必要なので、まず過去問で出題傾向をつかみ、類題の演習をていねいにやる必要があるでしょう。

全体として答えの形が決まっている問題、つまり適語選択や選択肢、書き抜きが多いため、点数はまとめやすいと思います。70点ぐらいが合格の目安といえるでしょう。

国語は早めに過去問に取りかかれるメリットがあります。まずは過去問に取り組んで、出題の傾向をしっかり把握しましょう。特に選択肢の感覚を身につけることが重要になります。

カテゴリー: 中学受験, 普通部 | コメントする

スケッチなし

今年の普通部の理科は、久し振りにスケッチの問題が出ませんでした。

記憶ではかなりスケッチの問題は続いていたので、その意味ではスケッチが苦手な受験生はホッとした部分があったのかもしれません。

今回の生物は擬態についてで、テーマになった動物がアオダイショウ、ナナフシ、トラカミキリ。これはなかなか厳しいので、スケッチが見送られて当然だったのかもしれません。

アオダイショウはマムシに擬態し、ナナフシは葉に、2回脱皮したアゲハチョウの幼虫は鳥のフンに、トラカミキリはスズメバチに、擬態しますが、まあ、なかなかこういうことを答えられる子は少なかったのではないでしょうか。

普通部の生物は相変わらず対策が難しいので、早めに図鑑などを見たり、インターネットで調べたり、という習慣をつけていくと良いでしょう。

カテゴリー: 普通部 | スケッチなし はコメントを受け付けていません