慶應普通部算数入試傾向

試験時間は40分。 大問8~9題程度。解答用紙は記述式で、普通のA3版よりもやや大きい解答用紙が用意されています。

1問の解答欄の幅は13.5㎝程度。
高さは問題によって異なりますがだいたい6㎝から7㎝。
解答を書く欄は指定されていますので、その上の空白部分に式や計算を書きこむことになります。

40分で8題とする1問5分。したがって1問15分程度の男子御三家レベルの問題に比べると3分の1ですから、問題の難度はそれほど難しくはありません。
逆に8題から9題ということは、ほぼ各テーマが万遍なく出されるということなので、不得意な範囲をつくらないということがまず大事なポイントでしょう。

40分という試験時間の中で合格点は7割近くと推察されることから、確実に得点する能力が求められます。解答用紙の指示としては

1 答えは解答用紙の答えのらんに書きなさい。
2 解答用紙に、途中の計算式などを必ず書きなさい。

となっているので、単純に答えだけがあっていれば良いという問題ではないでしょう。

出題分野としては、計算問題2題。比と割合、速さ、場合の数、規則性、数の性質、平面図形、立体図形の分野から出題されていますが、先日説明した推理の問題なども出題されています。

対策としては、まず各分野の基本をしっかりさせることです。男子御三家のような問題ではないが、逆に幅広く出題されますから、ある程度どの分野でも対応できるようにすることが第一。
次はやはりていねいさでしょう。決して難しい問題ばかりではないので、逆にミスをすると差をつけられてしまいます。丁寧に確実に得点をしていく技量が求められるので、特にこれからは正確に解いていくくせをつけていきましょう。

計算も解答用紙に書き入れますので、日ごろから式や計算をノートにていねいに書くように心がけてください。
==============================================================
今日の田中貴.com

寮のある学校
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

この週末は大変なんだ・・・
==============================================================

慶應進学オンライン

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


推理する問題

平成21年度普通部算数8番です。


A、B、C、D、E、Fの6人が3人ずつ向い合せに座りました。座り方について、この6人が次のように説明しました。

A:僕は端に座った。
B:A君は僕から見て正面の右どなりにいた。
C:僕はE君の正面に座った。
D:僕から見て向かい側の左端にF君が座っていた。
E:C君はF君と同じ側に座っていた。
F:僕はB君とは向かい合わせではなかった。

AからFの座席を図に書きこみなさい。(答えだけで良い。)


だれもウソを言っていないので、まだいいかなとは思いますが、しかし、どこから始めればいいでしょうか。

まず同じ側か向かい側かの情報を集めてみましょう。

A君とB君は反対側。C君とE君も反対側。C君とF君は同じ側。F君とB君は同じ側。

ということは

B君とF君とC君が同じ側で、残りA君とD君とE君が同じ側になります。

次に位置の情報を考えてみましょう。

A君とB君の発言から2人の位置をまず決めてみます。

次にD君の発言から、A君とD君は同じ側ですから、F君の位置が決まります。

次にE君の発言から、対面があいている席は1つしかないので、C君とE君の席が決まります。

最後にD君の位置を入れて、これで完成です。

A君の位置が右下にくれば、下の図でも正しいことになります。

同じ側か、反対側か、だけに注目してみると結構情報が多いので、ここが切り口になったでしょう。

この手の問題はクイズみたいな感じですが、しかし、比較的良く出題されることがあるので、練習しておきましょう。
==============================================================
今日の田中貴.com

4年後期
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

スムーズに後期へ
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應湘南の女子

息子が普通部から湘南へ進むための保護者説明会に出ていたときのこと、湘南の先生から
「普通部からくる諸君には、やはり男子の活発さ、元気さというものを期待したい。」
という話があって、ああ、そうなんだろうなあ、と思っていました。

中等部も共学ですが、中等部の場合は男子と女子の比率が違います。中学での募集は男子が約140名、女子が50名。およそ3:1。幼稚舎の女子がほとんど中等部に来るのに対して男子は普通部に行くことが多いので、バランスをとるのですが、それでも男子は女子の約2倍という構成になっています。

しかし、湘南の場合は中学からの入学者がほとんどで、しかも男子:女子が1:1になります。

この時期の男子と女子を比較すると明らかに女子の方が精神年齢は高い。かつ、慶應の偏差値から見れば女子の方が難しい。2:1でも女子が強い、などと言われる中等部のことを考えると、湘南は最早、明らかに「女性上位」の世界であることは間違いない。

だから男子校である普通部からくる生徒が刺激になるか、というと残念ながらあまりそうではない。そんな、生半可な強さではありませんし、また、こういう年頃の男子校育ちぐらい、女子に対してか弱いものはないわけで。

では湘南の男の子はだめなのか、といえば、当然そうではありません。そういう中でもしたたかに、自分の個性を磨いている。だからむしろ、これからは活躍するんじゃないだろうかと思います。

「強い女性の上司が出てきても、柔軟に対応できる」個性はなかなかのものです。

==============================================================
今日の田中貴.com

4年生の夏休みに分数と小数の計算を練習しよう
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

がまんできない子
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


慶應内の志望順位

昔、普通部と中等部だけだったころ、男子はどちらかにしか合格しませんでした。普通部か中等部、どちらかに振り分けられて重複合格というのがなかったのですが、現在は、湘南もあり、男子だと3校、女子でも2校、重複合格することが可能です。

ある男の子が慶應普通部と慶應湘南に合格しました。家は明らかに湘南に近いので、私はてっきり湘南に進学するのだろうなと思っていたのですが、いざ、手続きになった段階で彼は普通部を選んだ。

「え、湘南の方が近いんじゃないの?普通部までどのくらいかかるっけ?」
「1時間半かな。」
「湘南は?」
「30分ぐらい。」
「なのに普通部?」
「はい。」
「そうか、女の子きらいなんだ。」
「違いますよ! 先生。」
「え、そうなの?じゃ、なぜ?」
と聞いてみると、しばらくもじもじしていたが、
「あの、労作展やってみたい。」
と返事が返ってきました。
「なるほどねえ。じゃ、高校は?」
「それは湘南にするかもしれない。」
湘南に進むと高校は湘南しか行けませんが、普通部、中等部は慶應諸学校のすべての高校を選ぶことができます。
「なるほど。いいんじゃない。がんばって。」
と声をかけました。

私なんかからすると、同じ慶應だから、どこへ行っても同じ、とつい思いがちなのですが、結構、子どもたちはこだわりがあるようで、これも勉強するエンジンになっているようです。

==============================================================
今日の田中貴.com

金属の計算問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

ある女子校の決断
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


自由研究と労作展

夏休みも残り少なくなってきて、そろそろ学校の自由研究をどうしよう、と考えられているご家庭も多いかもしれません。

普通部生もそろそろ、労作展の作品をがんばらないといけない時期になりました。

すでに一応何をするのか、は学校に報告しているので、それを作っていく、完成していくわけですが、労作展まであと約1か月。

中2、中3になってくると、まあ、それなりのペースはつかんでいるものの、しかし、どうしても最後は突貫工事になりやすい。これはどこでも同じことです。

最初は壮大なテーマであったり、凝ったものを考えていたのが、進んでいくうちに、「ま、いいか」が重なり、少しずつ本人のイメージから遠のいていく。

それでも最後までしっかり頑張る、ということでこの夏の作品ができあがってきます。

中1は家族総出でやっているとは思いますが、中2、3もそろそろエンジンを書けないと間に合わなくなるころ。

1年前の自由研究と結局は、まあ同じことになっていそうですが。

==============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

解答用紙と計算用紙
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)