問題がやさしいとき

=============================================================
慶應進学オンラインについて
=============================================================

湘南は一般枠と帰国枠で同じ問題を解きます。したがって算数の問題は特にそうですが、やさしい問題と難しい問題にはっきり分かれる傾向があります。

特に難しくなるのは5番、6番で、これは例年なかなか大変でした。したがって一部の問題だけを確実に得点する、など最初から工夫が必要だったのですが、たまにこの問題がやさしくなるときがあります。

問題がやさしい、ということになれば、合格するチャンスは明らかに広がります。

ただし、合格枠が広がるわけではない。僅差の勝負がますます僅差になるので、ちょっとしたミスがとても響く。

模擬試験の偏差値がかなり良かった子が、一次で失敗するのはこれが原因であることが多いのです。例えば女子で湘南の一次は残念だったが中等部の一次は合格した、というような場合、湘南でつまらないミスをやってしまった可能性が高いのです。

ですから、慶應合格に最も必要な力は「ていねいさ」です。

問題がやさしかろうと、難しかろううと、自分のできる問題を確実に得点できる子は、合格する可能性が高い。急いで問題を解き、あちらこちらをミスで落とす子はまず合格しません。

なので、普段からていねいに、ていねいに解く必要がある。慶應をめざす受験生にはまずその点をしっかり理解してもらいたいと思います。

=============================================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園


今日の田中貴.com
教えるのを我慢する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
基礎を固めて、応用の枝葉は学校別傾向で伸ばす


5年生の教室から
「あれ?さっきやったのに・・・・・・」ー金原 崇ー


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


勉強ノートのすすめ

===================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
===================================
慶應湘南の場合、一番最後に課題作文が出ます。

概ね100字ぐらいですが、これも少しずつ字数が多くなりつつあり、また課題もいろいろ出てきている。

今年の問題は以下のようなものでした。

あなたはこれから新しく作る小学校の教室の設計を任されました。教室を設計する際、どのような工夫をしますか。工夫したい点とその理由を、二つ説明しなさい。

*百二十字以内で書きなさい。
*原稿用紙の使い方にしたがって書くこと。ただし、改段落をする場合は行をかえず、一マス明けることで示しなさい。
となっています。

今年のポイントは「二つ説明しなさい」です。工夫したい点が二つ出てこないといけない。これをしかも120字内でまとめる必要がある。
試験時間は45分ですが、この問題が4番目で、しかし、間に2番、3番の問題文が長いので、この問題にかけられる時間は約10分と思われます。

普通部や中等部でも記述問題は出ることがありますが、しかし、ここまで長いものはあまりない。しかし、入学後はどの学校もレポートが多いので、やはり長い文章を書き慣れていくことが望ましい。

ひとつお勧めの方法は、勉強ノートでしょう。
その日の勉強内容をまとめるとともに、どんなことを工夫するか、どんな点に注意するかを書いていくようにする。
これは毎日書ければ理想です。
そうすると記述の練習にもなるし、かつ勉強の内容を充実させることにもつながる。

最近スポーツ選手も練習ノートをつけることが多くなりましたが、これはやはり役に立つのでがんばってみてください。

======================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
======================================


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


今日の田中貴.com
組み分けテスト対策が進むと


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
暗算のミス


6年生の教室から
質問ができない塾


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


本物を見に行く

===========================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
===========================================================
ゴールデンウィークが近づいてきました。そこでひとつ過ごし方のヒントを。

中等部では、ここのところ、能、狂言、歌舞伎などの問題が出るようになりました。

俳諧の問題も良く出るようになりましたが、これは他の学校にくらべても特徴がある。ある意味、ここまで手を広げるのは大変だな、と思う部分もありますが、そうでもしないと子どもの時からそれらを意識することはないでしょう。

実際に小学生が歌舞伎を見に行く、ということはまずない。歌舞伎好きなおじいちゃん、おばあちゃんに連れて行かれるぐらいのことであって、テレビで中継があったとしても見ないでしょうから。

だから、見に行ってみるべきだと思うのです。そんなこと、入試が押し迫ってできることではないから、なるべく早めに経験する。

能や狂言は行けば、いろいろ解説の資料もあり、舞台の構造なども詳しく教えてくれる。そして実際に見てみればそれだけ印象が強く残るので、情操教育にもプラスになるでしょう。

遠くに行かずともこういう経験をするのもゴールデンウィークの過ごし方、として考えてもいいかもしれません。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


今日の田中貴.com
この時期の模擬試験の結果をどう考えるか(2)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
成績を上げる経験をする


6年生の教室から
学校別入試対策説明会のお知らせ(申し込みページ)


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


普通部生の憂鬱

===========================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
===========================================================
新中学1年生の学校生活もはや3週間あまり。

そろそろ、各教科ともいろいろ動き出しました。で、普通部の新中1生にとっては、レポートの嵐が始まったところでしょうか。

毎週理科は実験があり、それに対するレポートが要求されます。またフィールドノートの提出もそろそろ。これは観察レポートみたいなもので、生物に関して気がついたことをまとめておくものです。提出が求められるので、ちゃんとやっておかないといけないが、まあ、最初のうちはちょっと忘れてしまうことが多いでしょう。

で、やがて生活のリズムが整ってきて、レポートに対する免疫力もついてくるわけですが、最初のうちはなかなか大変。

だから、記述は書き慣れておく必要があるし、スケッチは受験勉強のひとつとして考えておかないといけないのです。パンダの顔を描いたり、スズメバチの腹を描いたりしなければならないのですから。

それ以外のレポートもあるし、案外調べるのが大変な課題が出ていたりします。まあ、そうやって自分で考えて、その考えをまとめるという力がつくわけで、大いに今後もがんばってもらいたいと思います。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


今日の田中貴.com
志望校のホームページを確認しましょう


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
口ばっかりな子


5年生の教室から
ZOOM(テレビ会議システム)を使った無料学習相談を行います。


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


慶應の算数、特別授業のお知らせ

慶應進学特別では、以下の日程で特別授業を行います。

これまで慶應進学特別では、保護者のみなさんに説明会で入試の現状や学校別対策についてご説明してきましたが、勉強するのは子どもたちですので、子どもたちに対して慶應3校の入試傾向や勉強の仕方について説明をする必要があると考えました。

しかし多くの子どもたちのスケジュールはタイトなので、なかなか集まってもらう機会がありませんでした。が、このゴールデンウィークは前半と後半に休みが分かれるので、ではその前半を使って算数について詳しい説明をしていきたいと思います。

授業では、2018年の各校の算数の問題を現物になるべく近い状態で再現して、少しずつ問題を解きながら、どういう点を注意してこれから勉強していけばよいのか、フリーダム進学教室主宰の田中貴が詳しく解説します。

現状の成績では、なかなか難しいと感じているお子さんにも具体的な勉強法を伝えながら、モチベーションをアップしてもらいたいと思います。

実施要項をご覧の上、以下のフォームよりお申し込みください。

「慶應の算数、特別授業」

【対象】
慶應普通部、中等部、湘南藤沢を志望する小学校6年生(会員生以外のみなさんにもご参加いただけます。)

【指導内容】
2018年各校の算数の問題を例に、算数の出題傾向と学習のポイントについて詳しく説明していきます。

【日時】
慶應普通部      2018年4月29日(日)午前9時半~正午
慶應中等部      2018年4月30日(祝)午前9時半~正午
慶應湘南藤沢中等部  2018年4月30日(祝)午後1時~3時半

【費用】
会員生 各回 5400円(消費税込)
会員生以外 各回 8100円(消費税込)

【指導】フリーダム進学教室 主宰 田中 貴
【定員】各回9名

【会場】
フリーダム進学教室 センター北
横浜市都筑区中川中央1-23-1-301
(横浜市営地下鉄ブルーライン、グリーンライン センター北駅徒歩1分)

center

【お申し込み方法】以下のフォームからお申し込みください。係よりご入金手続きについて改めてメールでご連絡させていただきます。

詳しいお問い合わせはお電話で
045(530)5480
平日午後1時~午後7時
土日午後1時~午後5時

「慶應の算数、特別授業」お申し込みフォーム

生徒氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

会員生(必須)

申し込み授業 (必須) 複数選択が可能です。

特別授業、「慶應の算数」に申し込みます。