女子の1日校

女子の場合、普通が男子校だから1日は慶應以外の学校を受験することになります。

で、この選択が難しい。湘南、中等部と受験して一次合格すればそれぞれ4日、5日と二次試験になってしまうので、他の学校を受験することができない。

だから1日に抑えたい、というのが最も妥当な選択なのですが・・・。

しかし1日には御三家をはじめ、魅力ある上位校が並んでいる。早稲田実業もあるのです。つい目移りしてしまう。

でもそんなに上を並べては・・・、と塾から釘をさされるケースもあるかもしれません。

でも慶應を2日受けるのであれば、1日はまあ、順当に入る学校を受けた方が良い、と思います。

どちらかを外すのであれば、そこで安全校を考えてもいいが、どうしても両方受ける、ということであれば、やはり安全校の準備をしておいた方が良いでしょう。

1日に入ってしまえば、後が本当に楽です。もちろん先に千葉や埼玉で抑えられていれば、あとは強気勝負でもかまいませんが・・・。

2018年慶應進学特別入会案内


今日の田中貴.com
見込み点を確認する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あと何点、積み重ねるか


6年生の教室から
出願準備1


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク