歴史好きはわかるが・・・

歴史の勉強が好きな子というのはいて、こういう子はとにかく調べる。

テキストに書いてある説明だけでは納得できない。もっと詳しい当時の姿を知りたいというので、文献を探したり、インターネットで調べたりしている。

こういうのは本当に正しい勉強だとは思うものの、受験勉強として考えればいらないのです。

なぜか・・・、

そんな詳しい問題は出題されないから。

だからある程度、切り捨てないといけないのですが、本人は大事な勉強だと思っているし、実際に勉強しているわけだから、文句も言いにくいところがあるでしょう。

しかし、やらなければいけないのは「点数を取る勉強」です。

ここは、なんかすっきりしないところではあるものの、やはりそう割り切らないといけない。

歴史に限らず、いろいろ勉強したり、調べたいことがあるのはわかるが、「受験勉強」に徹して、これが終わったら思う存分やってください。

==============================================================
今日の田中貴.com

仕上げたという感覚を大事に
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

主観と客観
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 一貫教育 パーマリンク