時事問題の比重

慶應進学オンライン

今年の出題では、時事問題が目立ちました。

令和の改元にともなって、令和の出典について中等部が万葉集を問題にすることはまあ、事前から予想されていたものの、例えば普通部の理科で「はやぶさ2」が向かった星の名前だったり、北海道で発見された「むかわ竜」が聞かれるなど、結構幅広くいろいろな科目で時事問題が取扱われました。

中等部の社会で先日ご紹介したパークアンドライドの問題なども、時事問題にあたるでしょうが、現代の社会を小学生なりにどうとらえていくか、という点では単に時事問題集だけの対策ではなく、広く見聞を広める必要があったでしょう。

ニュースを見たり、新聞を読んだり、という習慣は小学生なりにしっかり身につけておく必要があると思います。

オンライン説明会に変更しました。


今日の田中貴.com
第419回 子どもには「できる」と思わせないといけない


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
動画授業のメリット


5年生の教室から
塾に出す、ばかりがやり方ではない





カテゴリー: 中学受験について, 中等部, 普通部 パーマリンク