2月2日、3日

早期入会特典が始まりました。
今入会されると2021年2月15日までご利用いただけます。

慶應進学オンライン

2月2日。慶應湘南の入試日です。

晴れわたる空。この3日間は本当に天気に恵まれて良かったです。

試験後、湘南台駅行きのバスに向かう列。

問題の方は、例年通りの出題傾向ながら、算数はやややさしかったか、と思われ、ていねいに解けたかどうかが合否の鍵になるでしょう。

定員が50名減りましたが、女子の受験生が増えて厳しい入試になっています。

2月3日は中等部の入試。

そして今年は2月3日13時~、湘南の一次発表と普通部の発表が同時に行われて、大変でした。

3校ともインターネットによる発表に切り替わりましたが、普通部のみ、マイページにアクセスする方式で、全体像が掴めない。ただ、普通部には掲示があります。

普通部の合格者は180名。繰上げ候補者70名。さすがにこんなに繰り上がりはしないのですが、今年は例年に比べても若干多かったようです。

一方、湘南の一次発表は
一般枠186名(うち英語枠13名)
帰国枠81名が2月4日の二次試験に進みます。

ということで、中等部の一次試験の三田キャンパスから普通部に急遽移動したご家族も多かったでしょう。

この同時発表はもう少し調整してもらえればと思いましたが、湘南の二次試験の概要がダウンロードで済むようになったのは良かったと思います。

【NEW!】慶應進学館からのお知らせ
2020年3月慶應入試説明会のお知らせ


今日の田中貴.com
初志貫徹


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
学校に戻ろう


6年生の教室から
出題傾向は変わらない





カテゴリー: 中学受験について パーマリンク