湘南の算数、前半と後半

慶應湘南の算数の出題は例年6題。

この問題を帰国枠と一般枠、全員が受けます。当然一般枠と帰国枠の合格点は変わってくるでしょうが、算数の点数だけで決まるわけではありません。ただ、全員が同じ試験を受けている、ということは結構大事なことで、帰国枠でも一般枠に比べてどのくらいの力があるか、正確に捉えられるところがあるわけです。

ただ、一般枠と同じレベルにしてしまうと、帰国枠内での差がつかないことから、前半と後半ではやはり難度に差があることは間違いない。

したがって、一般枠の場合はその前半をノーミスで通過しないといけないところがあるのです。

5番、6番はそれなりに難しいが、しかし、前半でミスをしてしまうとなかなか取り返せない。だから、ここでもやはり正確に解きあげる力が求められているわけです。

決して時間的に余裕のある試験ではありませんが、だからといって急いで解いてしまうとミスを連発してしまうところがある。なので、確実に解く練習を積み傘萎えてください。


New慶應進学館からのお知らせ
冬期講習のお知らせ


2021年慶應進学館入会案内を掲載しました。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
やることを絞る時期


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
残り少ない模試なので


6年生の教室から
正解率優先ながら


gakkoubetsu


慶應進学オンライン

カテゴリー: 中学受験 パーマリンク