「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」がkoboでお読みいただけます。

「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」がkoboに掲載されました。これでiPhone版、パブー版、kobo版の3種類になります。

この本は慶應の諸学校9校についてお話をしました。諸学校というのは、慶應の付属校のことを言います。

小学校 慶應幼稚舎
中学校 慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部
高校  慶應義塾高校、女子高校、志木高校、湘南藤沢高等部、ニューヨーク学院

この9校は全部独自入試ですし、入試傾向が違います。また高校では入試のシステムも中学とは違います。慶應という学校を考えてもこれだけ選択肢があるわけだから、親としてはもっと長期的に考えるべきではないだろうか、と思うのです。

小学校受験、中学受験、高校受験というそれぞれの節目をどう考え、どの学校をどう狙うのかについて、慶應という学校をテーマに考えてみました。慶應を狙う方はもとより、そうでない方にもぜひ長期的なビジョンを持つという観点でお読みいただければと思います。

「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」kobo版

==============================================================
今日の田中貴.com

帰国子女入試
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

試験科目の順番
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: お知らせ パーマリンク