志望動機は敬体で

慶應の願書は親の作文が多いわけですが、特に志望動機を記入する欄もなかなか大きいですね。

さて、ここの文章を書くにあたっては、やはり敬体で書くのが一般的でしょう。

志願書というのは、入れてください、と一応お願いする形式のものですから、やはり敬体にするものだと思います。ただ、あまりに敬語がだらだらしてしまうのも、問題だし、案外敬語が間違っていたりもする。

文案は何回か作り直し、音読してみてください。

先生方もかなりの枚数を読むので、そこそこ読みやすい、というのは大事なことだと思います。

親の入試と良く言われますが、しっかり準備すれば大丈夫です。

==============================================================
今日の田中貴.com

視直径
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

試験科目の順番
==============================================================

==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験について パーマリンク