生き物を飼う

今年の普通部、理科生物のテーマはトンボでした。

アカトンボ、オニヤンマ、ギンヤンマ、イトトンボ。大きさや幼虫など、例によってなかなか細かい出題があったのですが、その中で飼い方についての設問がありました。

昨年は緑のカーテンの出題があったので、ゴーヤを育ててその観察日記みたいな記事を本サイトでも掲載したのですが、生物を飼う、という経験は子どもたちにとって大事なことだと思うのです。

で、ベットというと犬とか猫になりがちですが、虫でもいいし、植物でもいいので、今年1年飼ってみてください。

それが、入試に出るかどうかは別にして、普通部での勉強には役立つと思います。息子のときは、カイコやコオロギを飼いました。これは課題になっていたようですが、家族にとってもなかなか貴重で楽しい経験でした。確かに勉強は図鑑やテキストでやるわけですが、実際の体験は子どもたちの学習にさらにプラスになります。

できれば昆虫を1つ、植物を1つ、今年のテーマにしてみてください。何を選ぶから始まって、その飼い方やえさ、あるいは肥料など調べることは結構あるでしょう。それを調べることによって、興味がわけば生物の勉強に対する意欲もまた違ってきます。

細かいことを覚えなければいけない、ということが先に立つとどうしても生物の勉強はつらくなります。ただ、こういう経験を積むことで関心が深まれば、もっと知りたい、ということになって知識を覚えることにも積極的になれると思うので、ぜひご家族みんなで楽しんでみてください。

=============================================================
今日の田中貴.com

追跡調査
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

放任型と安心メール
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 普通部 | 生き物を飼う はコメントを受け付けていません。

早く解けなくていい

慶應の算数は1問1問はそれほど難しくはないが、しかしある程度問題数はあるので、時間内に解き上げる、というのは多少厄介です。

したがって解くスピードをあげたい、と思われるかもしれませんが、それは意識しない方が良いと思います。子どもを急がせて、ろくなことはない、のです。

急いで解けば、問題文の条件は読み飛ばすし、計算間違いはしでかすし、得点としてはゆっくりやった方が伸びる。大事なのは、速く解くことではなく、正確に解くことなのです。

だから、今のうちから式や計算をきちんと書きながら、確認して解いていく練習をしてほしいと思うのです。しかし、この時期はそんな注意は右の耳から入ったら、左の耳からぬけてしまう。

相変わらず、どこに式を書いたか、計算がどこか、わからないというような答案になっているかもしれません。でもそうなっている理由は実は「急いでいるから」なのです。

つまり急いで解かなければ、式は書けるのです。急いで解くから、式を書くのが面倒になるだけ。ですから、組み分けや月例テストの点数は気になるだろうが、決して「急がせてはいけません。

例えば3割の問題に手を付けなくとも、正解率が100%なら70点はとれるのです。むしろそういう資質を持つ子、すなわち正解率が高い子が合格しやすい。急いでミスが多い子は、成績が伸びにくい。今のうちにしっかり練習しておきましょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

長い文章を読み慣れる
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

旅行
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験 | 早く解けなくていい はコメントを受け付けていません。

前句付

ここ数年、中等部の国語では自分の作品を披露する機会が増えています。

2011年は卒業という季語を使って俳句を作る問題。2010年は大試験という季語を使って同じく俳句を作る問題。

今年は前句付。最初に十四字のお題が出ます。そのお題のことばを使わずに、それに続くように五七五の対句を作るというもので、問題文中くわしくきまりが説明されていました。

でお題は

「喜びにけり喜びにけり」

まあ、試験中ですから、合格することに連想が行きやすいですが、いろいろな子どもたちの発想が披露されたことでしょう。

もちろんきまりが決まっていますので、それに即して書けば良い、ということなのですが、今まで記号ばかり、といわれていた中等部の国語も多少雰囲気が変わってきました。

ちなみに解答欄は記号式の解答は左側に集められ、自由に書く漢字や今回の対句は右側に集められています。とはいえ、やはり受験者が多い分、右側の問題ばかりにはならないのですが。

=============================================================
今日の田中貴.com

第73回 答え合わせ
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

プリントを我が子用に編集してしまう
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験, 中等部 | 前句付 はコメントを受け付けていません。

早めに過去問との相性を試す

慶應進学オンライン

慶應といっても3校の入試傾向はそれぞれ違います。したがって、どこに相性がいいのか、というのはやはり子どもによってそれぞれです。ですから。実際にまだ解ききれない面はあるとは思いますが、それでも過去問を見ておくことは大事です。

今はまだ塾のカリキュラムが続いているし、志望校の問題をやるチャンスはなかなかないでしょう。しかし、やはり何が出るのかということを知って勉強する方が、力の入れどころがはっきりします。

例えば算数について、普通部や中等部は比較的問題数が多い学校です。だからといって、一問一問はそれなりに多少のひねりがあるので、やはりミスが出やすい。ある程度スピーディーに丁寧に解くことが求められます。試験のときだけうまくやろうといっても、なかなかできないので、日頃の勉強からそれを取り入れていかないといけません。それは日頃から先生やお父さん、お母さんから言われていることではあるものの、やはり過去問がこうだから、ということで本人が実感するものです。

ですから、この春休みまでに一度、過去の問題を解く機会を作ってください。そしてこれからの勉強法のついて、具体的にどうしていくべきか、お子さんと話をしてみると良いと思います。

どうしても塾中心に勉強している子どもたちが多いのですが、こういう工夫もしていきたい、というアイデアが出てくればそれは勉強に対する姿勢が能動的にかわっていくきっかけになると思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

成績表ばかりを見ない
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

下の子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験について | 早めに過去問との相性を試す はコメントを受け付けていません。

慶應湘南中等部 2013年結果

3月1日例年通り、結果が発表されました。

幼稚舎からの進学者 6名を加えると本学年は162名になります。

最初の合格者の数がやや少なかったので、補欠打電数は一般、帰国合わせて38名になりました。

昨年は二次合格者 一般147名 帰国40名 今年は二次合格者 一般134名 帰国46名

補欠打電数は昨年が一般13名 帰国5名 一般 31名  帰国 7名

最終入学許可数が 昨年 一般160名 帰国 45名に対して今年 一般 165名 帰国53名

ですから最終入学許可数も今年がやや多かったということでしょう。補欠同点の生徒の数が今年は多く、それで最初の数が絞られたようです。

今年の学年も女の子が多い結果となりました。

=============================================================
今日の田中貴.com

天気図の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

誰も悪くはない
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 湘南藤沢中等部 | 慶應湘南中等部 2013年結果 はコメントを受け付けていません。