普通部、国語のポイント

普通部の国語はオーソドックスに、物語文、説明文の読解2題と漢字という出題が多いようです。文章の長さによって、もう1題加わる場合もありますが、中等部のような知識の問題はあまり出題されません。

概ね本文は文庫本10ページ程度になっていますが、試験時間40分ですから、ある程度のスピードで読んでいかなければなりません。

で、良く言葉の言い換えが出題されます。この言葉を文中他の言葉で置き換えている場合、それを探させることが割と多い。

また、登場人物の気持ちについても良く出題されます。
特に問われるのは、その気持ちの原因。
Aなので、Bと思っている。
Aが理由に相当する部分ですが、ここがしっかり抑えられていれば自然、Bを選ぶのも難しくはなくなるでしょう。
だから常に理由を意識するようにしてください。

例年、大きく崩れにくい出題だと思いますが、その分差がつかないところはあるので、確実に得点する練習をしていきましょう。

テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


2019-2020 6年生用合格手帳入試直前号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み


今日の田中貴.com
学校の魅力を再確認する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
この時期、親がすべきこと


5年生の教室から
読解力を身につける


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 普通部 パーマリンク