ミスが一番怖い

慶應の出題は偏差値で同じ程度の学校の出題に比べるとそれほど難しいというわけではありません。

しかし、それ故に合格の難しさがある。

一番怖いのはミスです。

後からできても何にもならない。その場で確実に得点できる力が必要なのです。だから、いかにミスを減らすか、ということに力点が置かれないといけない。

算数の場合、やはり式を書いていくことが一番です。しかし、量が多いので、式を書いていくと時間が足りなくなる、という子もいるでしょう。

でも、ミスを防ぐ方法を講じていないとまず本番はミスをするものなのです。なにせ、本番なので、普通の精神状態ではないところがある。

上がっていても、ちゃんと答えが出せる、というやり方にしないといけない。そのための方法を考えなければなりません。

それが算数でいえば、式を書く、ということなのです。普通部の場合はすべて記述式ですが、しかしスペースが十分にある、というものでもない。

したがって効率よく書いていくことが求められるのです。本番だけちゃんとやればいいなどと考えてはいけない。今からきちんとくせをつけていきましょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
答えの扱いは慎重に


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
こんな問題、できるのか?


5年生の教室から
5年生、これからの難敵


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク