国語、過去問添削

国語の過去問添削が始まりました。

子どもたちが時間をかけて、自宅で解いてきた過去問を指導スタッフが添削し、なぜ間違えたのか、その考え方を修正していきます。

クラスで同じ問題を解いて、先生が解説する、というパターンもあるでしょうが、やはり個別に添削を受けた方が理解が早い。それに自分の問題点を指摘されるから、問題の把握が容易になります。

これが積み重なると、相当に国語はできるようになる。さらに、記述も書けるようになってくる。

昨日の授業で自分の好きなスポーツを説明してみる、というような課題を突然ふられた子がいましたが、そういう発想も湘南の受験では大事でしょう。

添削は普通部、湘南、中等部すべてで行われていくので、過去10年分でいうと相当な量になりますが、それだけやっていけばやはり力はついていくわけで、いよいよ入試に向けた具体的な勉強がスタートしました。

慶應3校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


慶應進学オンラインについて


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院


今日の田中貴.com
ストレスをどう発散させるか


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
手応えがある学習法を選ぶ


6年生の教室から
夏の合格手帳スタート!


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 湘南藤沢中等部 パーマリンク