スケッチなし

今年の普通部の理科は、久し振りにスケッチの問題が出ませんでした。

記憶ではかなりスケッチの問題は続いていたので、その意味ではスケッチが苦手な受験生はホッとした部分があったのかもしれません。

今回の生物は擬態についてで、テーマになった動物がアオダイショウ、ナナフシ、トラカミキリ。これはなかなか厳しいので、スケッチが見送られて当然だったのかもしれません。

アオダイショウはマムシに擬態し、ナナフシは葉に、2回脱皮したアゲハチョウの幼虫は鳥のフンに、トラカミキリはスズメバチに、擬態しますが、まあ、なかなかこういうことを答えられる子は少なかったのではないでしょうか。

普通部の生物は相変わらず対策が難しいので、早めに図鑑などを見たり、インターネットで調べたり、という習慣をつけていくと良いでしょう。

カテゴリー: 普通部 パーマリンク