絵が下手でも気にしない

普通部の理科では動植物のスケッチの問題が出ます。

基本的に特徴がわかればいいのであって、別に絵のうまい下手は気にする必要はありません。

ただ、書き慣れる、ということは結構大事なことであって、一番良い方法はテキストの図を模写することです。

別にその図が出題されるわけではないでしょうが、例えばカブトムシだったり、カイコだったり、あるいはイネの花だったり、もう、割と落書き的に書いてみるのがいい。

そうやってノートにいろいろな絵が書けるようになっていれば、もうそれだけで十分です。書き慣れていない子は、どう書くんだ?というところで躊躇しやすいが、まあ、書き慣れているこはそう時間もかからずにやってしまう。

入学後フィールドノートを書かなければいけないので、この練習は入試以外にも役に立つから、ときどきやっておきましょう。


New慶應進学館からのお知らせ
冬期講習のお知らせ


2021年慶應進学館入会案内を掲載しました。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
高校受験は無理だから・・・


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
この時期に塾に行かなくなった子


6年生の教室から
ミスを犯す瞬間


gakkoubetsu


慶應進学オンライン

カテゴリー: 普通部 パーマリンク