学校別特訓は普通部だけ?

各塾の学校別特訓を見ていると、慶應普通部は良くでてくるが、湘南や中等部の学校別特訓というのは見かけないし、同様に、栄光や聖光のように2月2日の学校の学校別特訓もこれまではあまりありませんでした。

理由はやはり1日校で決めることが多いから、なのです。ところが例えば神奈川県では普通部、聖光、筑駒という受け方をする子どもたちもいます。

こういう子どもたちはいったいどういう学校別特訓を受ければ良いのだろうか、やはり普通部?いえいえ、そんなことはなく、多分麻布特訓になるのではないかと思います。

麻布を受けないのに、麻布特訓?

でも、多分受験層を考えると、要は神奈川の男子トップ層を集めるということで、本来は麻布、聖光、筑駒のところを、そこまで強気にいけないから1日を普通部にしようというだけの話になるのです。

ですから、本当に学校別特訓になっているか、といえばそうではないところもたくさんあるでしょう。

実際に女の子で、御三家を受けずに2日湘南、3日中等部を受ける子はどうするのか?

これは実際にはやはり女子御三家のクラスに配置されるか、1日早稲田実業を受けるグループと一緒にするか、どちらかでしょう。

そうなると、やはり女子御三家の問題を解かされるから、何となく気持ちが悪い。もっとダイレクトに慶應のことをやれないのか、という気持ちになるのです。

もちろんすべての学校に対して学校別特訓を作ることはできませんが、やはり対策を慶應に絞りたいというご希望は多いので、今年も今後、「普通部特別」「湘南特別」「中等部特別」を集合ないし個別で用意しいて行こうと思っています。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン



今日の田中貴.com
解説を読んで考えているのか、ただ写しているだけなのか


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勉強するしかないけど・・・


5年生の教室から
覚えられないわけがない





カテゴリー: 中学受験について パーマリンク