普通部、中等部は昨年並み

すでに慶應進学情報メールマガジンでは既報ですが、普通部、中等部の出願数は以下の通りになりました。

慶應中等部
年度 男子 女子
2020年 956 458
2019年 991 511
2018年 1016 492
2017年 851 420
2016年 912 397
2015年 821 404
2014年 784 366

慶應普通部
年度 応募者数
2020年 634名
2019年 614名
2018年 615名
2017年 566名
2016年 604名
2015年 537名
2014年 596名

中等部は、若干減、普通部は若干増ですが、これくらいだとあまり難度は変わらないでしょう。

湘南は女子が大きく動きましたが、あとは大きな変化はありません。湘南は今年が減員2年目なので、この数字にまた少し変化が起きるでしょうが、少しずつ安定的な数字になってくるでしょう。

しかし競争率は、受ける立場からすれば何もできないわけだから、気にすることではない。目の前の試験に集中して、確実に1点でも多く取るという姿勢で取り組んでください。

【NEW!】慶應進学館からのお知らせ
2020年3月慶應入試説明会のお知らせ


今日の田中貴.com
1点でも多く取る


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
算数のミスを防ぐ最も効果のあるルーティン


親のご褒美


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)




カテゴリー: 中学受験 パーマリンク