あと少し

慶應の算数を指導していると、本当にあとちょっと、という子は多いのです。

例えば普通部の過去問で6割ぐらいとれる子。ところがそういう子の答案を見ていると、やはりちょこちょことミスがある。

あるいは、もう少し粘り強く考えれば解ける問題を落としてしまう。

あとで、復習してやり方を教えると
「え、そんなに簡単なの?」
と言い出したりするのです。でも、ここからが勝負です。

つまり、この辺のラインから残りの時間で合格ラインを突破する子もまた多いのです。つまり僅差の勝負に持ち込まれて、そこを切り抜ける。

慶應の問題はそれほど難しい、というわけではないので、練習を積んで正確に解きあげる力が身につけば合格ラインは突破するものなのです。

だから、「あと少し」という子にはみんな合格できる可能性を持っている。あとはここからいかに正確に解く力を身につけるか、ミスを減らすか、ということなので、そこに注力してください。まだまだあきらめてはいけません。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
クラスにこだわる必要などない


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
どうやって合格点をとるか


6年生の教室から
勉強している時間の質


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク