英語ができるなら・・・

中学では帰国子女枠があるのは、慶應湘南だけです。

しかし、高校では慶應義塾高校、女子高校、志木高校とも帰国枠があります。そもそも高校入試は英数国の3教科なので、一般枠でも英語の試験があり、実際に帰国枠にはまらないが英語ができる、という場合は、やはり入試に有利になるのです。

中学では英語入試があるのは慶應湘南だけ。今年初めて導入されましたから、まだ受験者が少ないですが、しかし、今は小さいうちから英語を勉強している子も増えて、英検2級は持っている、という子もいるので、これから増えていくでしょう。

が、やはり英語ができるなら、中学受験だけで終らせる必要はありません。高校受験で十分にチャンスがある。

だから中学では慶應だけ受ける、という選択肢は当然あるのです。

高校受験に進めば、英語ができることは確実に有利になります。これは慶應に限る話ではなくて、どの高校でもプラスになるので、高校受験も視野に入れた取り組みを考えても良いでしょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
1日のスタートを自分でコントロールできるか


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
本番の入試でカンニングが発覚するとどうなる?


6年生の教室から
学校別スタディールームオンライン


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク