2月1日をどうする?

2019慶應進学館 夏期講習のお知らせ

慶應を志望する女子の場合、2月2日湘南、2月3日中等部の日程は決まります。

そうすると、2月1日をどうするか、ということになりますが、慶應の女子はなかなか難しい。したがって、
1)2月1日は確実に合格する学校を選ぶ
2)慶應は無理でも御三家には入りたい
という2つの選択肢があり得ます。

2)を選ぶとどうしても学校別対策の中心は御三家になります。中等部や湘南の学校別対策は、とにかく、まずは御三家、という感じでしょう。そうなると、慶應の入試には今一つ合致しないところが出てくる。

で、慶應熱望組というのでしょうか。何とか慶應に入れたい、と思われるご家庭は1)の選択を考える。2月1日は、抑えだから、とにかく中心は湘南と中等部。

これは、学校側としてもそちらの方を望んでいる、と言ってもいいかもしれません。実際に中等部の入試では二次試験で「慶應の志望順位が高くはない」と判断されて残念な結果になる場合もあり得る。

ただ1)の場合でも、当然一次試験を突破できるぐらいに力がついていないといけない。ただ、慶應の問題を考えると御三家の対策は不要な部分がたくさん出てくる。シンプルに狙いたい、ということであればやはり1)の方がメリットが大きいと言えるでしょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
私学に求められる要素


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
競争させればいい


5年生の教室から
ネットに置き換わる


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク