普通部、入試のお弁当

普通部は午後も入試が続きます。

午前中4教科の試験が終わった後、昼食をとり、その後体育実技と面接がある。

午後の日程は、結構待ち時間が長くなります。したがってその間に読む本を持ってきても良いことになっています。

で、お弁当。

さすがに入試中は外に出ることができないので、お弁当と飲み物は必要です。

が、その後緊張する面接もあるから、消化の悪いものは避けた方が良いし、当然、おなかを壊さないようにしておかないといけない。

だからといってあまりにおなかがすいてもいけないので、その辺を十分に加減しておくことが大事です。

本人の気持ちによって、食べる量が加減できる小さなおにぎりやサンドイッチは便利かもしれません。

飲み物も大事です。お弁当は渡したが、水筒を忘れた、というようなことのないように注意してください。

2017 慶應進学特別のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
親はどう動くのか


5年生の教室から
決めたことはやりきる



今日の田中貴.com
子どもが緊張しているな、と思ったとき



慶應進学オンライン



カテゴリー: 中学受験について パーマリンク