海外からの慶應受験の具体的な進め方

ここ2年、コロナ禍で帰国のタイミングが難しくなってきました。

どのタイミングで帰国し、どう準備するかはなかなか微妙で、昨年は12月前に帰国した生徒が隔離中にオンラインで湘南の作文指導や算数指導を受けました。

1年早く帰国して、地元の小学校に戻り、指導を受けた子もいますし、秋に帰国してそのまま学校に行かず、ずっとオンラインで指導を受けた子もいます。

秋に帰国した子はアジアからの帰国でしたので、帰国前からずっと現地でオンラインの個別指導を受けていました。

フリーダムオンラインの個別ワークスで、テレビ会議ZOOMとWEBワークスを使って、カリキュラム通り学習し、夏休み以降は過去問中心に学習が続きました。

現在、慶應の帰国枠は慶應湘南しかありません。

受験内容は4教科か算数・国語・英語の3教科を選ぶことができます。ただ4教科の試験にしても、帰国の算数・国語にしても一般枠の問題と変わりがありませんので、一般枠と同じレベルで勉強を続けます。

それがコロナ禍でも可能だったのは、早くにオンラインに切り替えることができたからでした。ただ、ZOOMがあっても実際に指導をするのは難しかっただろうと思います。

WEBワークスがあり、その中で動画授業やWEB問題集、学校別バインダーなどを担任が指示して勉強できたから、スムースに進んだのであって、ただZOOMでつないでも教材の共有も難しければ、進捗状況の把握もなかなか大変だったでしょう。

その意味で、現在使っている個別ワークスの仕組みはオンラインでもかなり実践的な受験勉強ができていると思っています。今年慶應湘南の一次試験の帰国枠に合格しましたが、早くから首都圏の生徒と同じレベルの学習を続けてこれたからだと思います。

現在、WEBワークスは無料体験ができますので、ぜひお試しください。海外ばかりでなく、地方からでも首都圏と同じレベルの受験勉強が可能です。

フリーダムオンライン
WEBワークスの無料体験のお申し込みは以下のURLをクリックしてください。

フリーダムオンラインWEBワークスの無料体験申し込み

カテゴリー: 中学受験について, 湘南藤沢中等部 パーマリンク