主語と述語との不一致

子どもたちの作文の添削をしていて、最初に気がつくのは誤字脱字ですが、主語と述語の不一致も結構多い。

書き慣れてくればくるほど、たくさん書きたいことが思うので、つい一文が長くなる。その結果として最初に書いた主語の述語が見あたらず、明らかに違う主語に対する述語で閉じられる。

意味が通らない文になってしまうわけです。

だから、一文を短くした方が良いのです。これは、述語の近くに主語があるから、ミスに気がつきやすい。

長い文を書くよりも短文を重ねた方が読む方もリズム感が出ます。

湘南は毎年作文を課すので、練習を進めていると思いますが、とにかくシンプルに書いていくようにしてください。、

=============================================================
今日の田中貴.com

第115回 反抗する理由
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

冬期講習の復習
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 湘南藤沢中等部 パーマリンク