気を回す必要はない

女子は2月1日に大学付属校を考えると、どうしても早稲田実業が浮かんできます。

実業は関東では女子が入れる唯一の早稲田の付属中学であり、小学校もあることから募集定員は少なくなかなかの難関であるが、しかし、早稲田を受けて、慶應を受ける、というのはどうも気が引ける、と言われる方があります。

早慶戦があるせいか、どうも気をまわしすぎてしまうところがあるかもしれない。

別に早稲田を受けたって何も問題はありません。

ただ、大変です。

1日が早稲田実業、2日が湘南、3日が中等部で4日が湘南の二次、となるとこれはなかなか厳しいラインナップかもしれません。

ただ、学校は何も問題にはしない。早稲田を受けでも慶應は気にしない。同様に慶應を受けても早稲田は気にしない。

もちろん男子も同じこと。

受けたいところを受ければ良いのであって、あまり気をまわしすぎないことです。

=============================================================
今日の田中貴.com

旅人算とグラフ(1)
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

初志貫徹(2)
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク