慶應はやめた方が・・・

「塾の先生に、慶應志望だと伝えると、あまり感心されず、やめた方が良い、みたいな言われ方をして・・・。」

という話をたまに聞くことがあります。

慶應は3校とも面接があり、体育実技がある。それはそれとして結果として、成績上位だった子どもが落ちることがあるので、
「よくわからないから、やめた方が良い」
ということになるようです。

せっかく成績が良い子なのだから、成績で入る学校で良いではないか、というのは塾の論理でしかありません。家庭は、家庭の志望があって当然。

慶應進学館が、フリーダム進学教室とはまた違って、慶應3校に向けて独立した仕組みにしています。志願書の書類準備から保護者の面談対策まで、他の学校ではあまり必要ない準備を行うためです。

ただ、ちゃんと準備をすれば良いだけのことですから、しっかり狙ってもらいたいと思います。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
光合成に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
偏差値は外れるかもしれない


6年生の教室から
多少無理して狙うのは当たり前


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク