入りたい、入りたくない

慶應に入れなかった後、「絶対に慶應だ」といってがんばる子もいれば、「絶対に慶應だけには行かない」とがんばる子もいるようです。

ファンとアンチファンみたいな感じでしょうか。

どちらもエネルギーとしてはプラスの方向に出ているから、これはきっといいんでしょう。

このように入試の結果は子どもたちにそれなりのインパクトを与えます。

しかし、それはどちらでもプラスであればいいのではないでしょうか? 

落ちたらどうしよう、という心配をされる方がいらっしゃいますが、残念であってもその結果がプラスの方向に作用すればそれはそれでいいのです。

慶應ファンになろうと、アンチ慶應ファンになろうと。

次は絶対~してやる、と思ってもらえれば頼もしい話だと思います。

============================================================
今日の田中貴.com

心をよぎる記憶
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

地頭が良い
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================




カテゴリー: 中学受験について パーマリンク