福翁自伝

中学受験生もこの時期になれば、充分読める内容だと思うので、ぜひ入試前に読んでおくと良いでしょう。

慶應の創立は1858年なので、2008年が創立150周年。だからその前後に創立時期関連の問題は入試に良く出ました。

しかし、入試に出る、出ないにかかわらず、慶應を志望するなら、読んで勉強になることは間違いない。

漫画もありますが、そろそろしっかり読んでおいても良いのではないでしょうか。

口語体で読めるし、充分にわかりやすいだろうと思います。

これは高校受験生も、当然のことではありますが、必要です。

たとえ社会は入試科目になくとも。

福翁自伝 (講談社学術文庫)

==============================================================
今日の田中貴.com

メタンとプロパン
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

気分転換は上手に
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)


カテゴリー: 勉強のポイント パーマリンク