戦略的に考える

2019年慶應湘南の定員が50名減少します。120名の合格であったのが70名になります。

男女半々であるのがこれまでの結果ではあるので、そうなると男子35名、女子35名ということになるから、まあ2クラス分ということでしょうか。

ということは、相当難しいでしょう。単純に考えれば半分強ぐらいになるわけですから、合格ラインも相当上がらざるを得ない。だから、慶應湘南に入るということは、それなりにはっきりと成績を上げないといけないということです。

逆に考えれば、そこまで成績が上がらないということであるならば、受験戦略を考えるべきです。貴重な一日ですから、しっかり考えないといけない。そこに甘さがあってはいけません。

それでも受験する、という子どもたちはそれなりに自信があるでしょう。特に女子は、学力的には御三家の合格ぐらいは持っているということでしょうか。

その中での競争ということになるから、これは結構僅差になる分、二次勝負のウェイトが大きくなる。

2019年は横浜初等部の生徒が入ってくる分、中学からの入学者についてはさらに多様性を求めるところが出てくるでしょう。

合格戦略はやはり相当必要になると思われるので、詳しくお話ししたいと思います。オンラインの説明会ですから、ぜひご参加ください。

慶應3校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


慶應進学オンラインについて


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院


今日の田中貴.com
中堅校の合格実績


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
自分で勉強する仕組みを作る


6年生の教室から
計画はつねに見直す


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 湘南藤沢中等部, 湘南藤沢高等部 パーマリンク