生き物を飼う

普通部進学後は、生物を飼ったり、フィールドノートを書いたりする活動が始まります。

長男のときは、カイコを持って帰ってきて、家で育てていました。こういう経験は別に進学後でなくとも、今からでもできるのです。

つい普通部対策のために、図鑑を買っていろいろ見る時間を作る、とか言われるのですが、実際にそんなに覚えてられない。

それよりは実際に昆虫を飼ったり、植物を育てたりする方が良いのです。

以前、このサイトでも「ゴーヤ」を育てる様子を記録したことがありますが、そういう経験は子どもたちが生物に関心を持つきっかけになるので、ぜひ実行してみてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
塾のカリキュラムは肥大化する


今日の田中貴.com
第264回 選抜を重ねるシステム


6年生の教室から
スクールカラーとの相性を考える



慶應進学オンライン



カテゴリー: 中学受験 パーマリンク