普通部 実技試験

2013年の普通部の体育実技です。

前転、開脚前転、腕立て伏せ
(腕立て伏せは、その場に起立し、合図にしたがって一度腕立て伏せをして、その
後また元の位置に戻るというもの。)

腕立て伏せといっても、何回もやるというのではないので、湘南や中等部のように何かを測るというものではありません。

前転、開脚前転は毎年行われていることですが、やはり特に問題がないかのチェックぐらいにしか思えない内容でした。

全員にやるために、今年もやはり長い時間、待たされたようです。

したがって普通部の体育実技が得点に関係しているとは思いにくく、やはり4教科の試験のウェイトが中等部や湘南に比べて大きいと思われます。

=============================================================
今日の田中貴.com

2013年入試を振り返って(1)
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

あきらめの早い子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験 パーマリンク