3校受験は悪い選択ではない

男子は、慶應3校とも受験できます。

ただし、二次試験の日程を考えると2月1日~2月5日まですべて慶應で埋まってしまう。もちろん午後入試の学校は受験できますが、それでも結構学校は絞られてしまう。

それで1校は諦める、という場合もあるだろうし、同じチャンスがあるのならと3校受験するご家庭もあるでしょう。

慶應は高校でも受験が可能ですし、志木はやはり高校から入ってくる子どもたちの比率が高いので、高校受験でもいい、と考えてももちろん構わない。実際に、中学入試が残念で、その後高校で合格した子どもたちは結構多いのです。慶應進学館でも、高校受験を目指して勉強している生徒がいます。

必ず滑り止めを受けなければいけない、という話ではありません。それぞれの家庭でしっかり考えた結果であれば、それで良い。

ここに来て、やはりチャンスは多い方が良い、と考えるのは当然のこと。3校受験は決して悪い選択ではありません。


New慶應進学館からのお知らせ
冬期講習のお知らせ


2021年慶應進学館入会案内を掲載しました。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
負担は減らさないと大変なことになる


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

熱を出す子


6年生の教室から
何がでているのか、もう一度確認する


gakkoubetsu


慶應進学オンライン

カテゴリー: 中学受験 パーマリンク