細かな知識は後回し

中等部では国語の知識問題が良く出題されます。ここ数年、演劇や短歌、俳句についての問題も出題が増えました。

他の学校ではあまり見かけない問題ではあるし、演劇に関して言えば最早ちょっと対策のしようがないといってもいいかもしれません。もちろん歌舞伎や能を見に行くのは大いにプラスになると思いますが、だからといって具体的な対策になるとは限らない。

なので、あまり細かなことに気を使わないことだと思います。細かい知識はやろうと思えばいくらでも増えてしまう。だから時間がいくらあっても足りなくなります。

そういうところは今のところあまり気にしない。

それよりもみんなができるようなことはちゃんとできる、という視点で知識は考えた方が良いのです。みんなができなければ合否には関係しませんが、みんなができるとなると知っていないとまずいわけで、そのレベルにまず集中しましょう。

==============================================================
今日の田中貴.com

出るところはある程度絞られる
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

これだけやれば合格する量は存在しない
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク