あわてない

慶應の算数の問題は、やはり分量が多くなっています。

したがって、急いでやらないと終わらない、というので過去問をやっていると、ついつい急いで解く、ようになりやすい。

で、急いで解くと、まあ、いろいろはしょりたくなる。

例えば式を書くのは面倒だ。計算は暗算でやっちゃおう。問題は早く読もう・・・

お分かりになると思いますが、それがミスの原因になる。だから、急いでやってろくなことはない。

あくまで問題は点数なのです。だから、間違わないようにするということが大事。

いまのうちは特に急いで問題を解く、というようなことのないようにしてください。例えば過去問をやるのなら、時間制限なく解く。

最後までやり切ることが大事。だから2日間かけてもいいと思うのです。

で、そうやってていねいにやる方法が身についてから、あとはそれをいかにスピーディにやるか、工夫すればいい。

確実に解く方法が身についてもいないのに、急ぐとろくなことはありません。

=============================================================
今日の田中貴.com

正六角形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

志望校が決まらない理由
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク